お知らせ

【番組の終了について】
皆さまにご愛顧いただきました定期配信番組「クーリエ・ジャポン」は、都合により、12月末をもって終了させていただくこととなりました。
終了までは通常通り配信をさせていただきます。最終の配信日は12月20日(土)となります。
また、ご購読いただいておりますお客様への課金が行われますのは12月分までとなり、来年1月以降は退会の有無を問わず、課金は行われません。

今までご愛聴いただき、誠にありがとうございました。

『COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)』

COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)って、どんな雑誌?

各国の記者による世界のニュースを翻訳・編集しているので、 他では読めないニュースが満載!

クーリエ・ジャポンは、
・世界の様々な話題を、各国の現地メディアはどう報じているのか
・世界は日本をどう見ているのかという双方向の視点をコンセプトに、25万部を誇るフランスの週刊誌「クーリエ・アンテナショナル」と提携。 2005年11月の創刊以降、全世界で1500を超える新聞・雑誌から厳選した国際ニュースを毎月お届けしています。
そのため、新聞からも手に入らない、一歩先を行く情報を入手することが可能です。


“COURRiER Japonの定期配信サービスだと

①WORLD NEWS HEADLINEを全て音声化!②毎月編集長による解説を聴ける! ③スキマ時間を有効活用!

1、世界中の様々な1500メディア 2、高品質な記事をセレクト 3、クーリエ・ジャポンができあがります。

WOLRD NEWS HEADLINEとは
アジア・中東・ヨーロッパ・アフリカ・アメリカ・アメリカの最新ニュースを、政治(POLITICS)・経済(ECONOMY)・社会(SOCIETY)の3つの切り口でご紹介する大人気コーナーです。

“こんな方にお勧めです

本誌をより深く 理解したい方 国際社会にまつわるニュースを効率よく収集したい方 人が知らない話題を提供したい方 海外の方と接する機会が多い方

“過去の配信記事一例

下記のような切り口で、世界のニュースをわかりやすく、興味深く解説しています。

 ・インドで妻を「買う」男が急増している理由とは?

 ・パキスタンの名門大学で横行する「教授リンチ」 

 ・難解すぎるアイスランド語 火山噴火で「通訳急募!」

 ・じつは6割がクリスチャン!アフリカ人の信仰の実情

“編集長より

写真

COURRiER Japonでは毎月、選りすぐりの世界のニュースを配信しています。世界に目を向けてみると、世界のことはもちろんですが、今までには見えなかった日本が見えてきます。
移動時間や通勤時間にこのCOURRiER Japonをお聴きいただき、国際社会への関心を深めていただくきっかけとなれば幸いです。

COURRiER Japon編集長・冨倉由樹央

クーリエジャポン編集長自らが語る本誌の読みどころや裏話を お聴きいただけるのは音声版だけ!