雨と夢のあとに

キャラメルボックスは1985年に早稲田大学の学生演劇サークル「てあとろ50’」出身の成井豊、加藤昌史、真柴あずき、らを中心に結成された劇団で、累計観客動員数200万人を誇るなど、多くの演劇ファンから支持される実力派劇団です。本作品は、2013年7月27日から始まる舞台「キャラメルボックスサマーツアー2013『雨と夢のあとに』」と同じキャストが音声収録を行なった、オーディオドラマとなります。舞台で観る『雨と夢のあとに』とはひと味違う、「声の魅力」を存分に味わえる作品になりました。

“主演キャストからのメッセージ

購入者特典

9月1日までに購入いただいた方限定オーディオドラマ版をご購入の方から3名様にキャストのサイン入り色紙をプレゼント
サイン入り色紙
吉田里琴さんの写真

桜井雨役: 吉田里琴
オーディオドラマは初めての挑戦で、収録では少し緊張してしまいましたが、新しい感覚で楽しむことができました。娘想いの朝晴と、お父さんが大好き雨の素敵なお話を、ドキドキしながら聴いてもらえたら嬉しいです。

大内厚雄さんの写真

桜井朝晴役: 大内厚雄
舞台で演じている作品を音で表現するという、キャラメルボックス初の試みとなりますが、また違った楽しさを感じていただけると思います。ぜひヘッドフォンをつけて、耳に広がる「想像世界」を楽しんでみてください。

岡内美喜子さんの写真

暁子役: 岡内美喜子
雨と朝晴の親子は、私が見ても羨ましいくらい仲の良い家族です。「人が人を思う気持ち」がたくさん詰まった、心あたたまる物語を、ぜひ耳から感じていただけたらと思います。

購入者特典

雨と夢のあとに
価格: 2,700 円
時間:2時間0分
配信開始日:2013年7月29日
原作:柳美里『雨と夢のあとに』(角川文庫 刊)
脚本:成井豊+真柴あずき

サンプルを聴く

あらすじ
桜井雨は中学2年の女の子。幼い頃に母を亡くし、今はベーシストの父・朝晴と二人で暮らしている。
朝晴は蝶の採集が趣味で、幻の蝶と呼ばれているコウトウキシタアゲハを捕まえるために、台湾へ行く。
森の中でついに幻の蝶を発見!ところが、捕まえたと思った瞬間に、穴に落ちてしまう。
数日後、朝晴は無事に帰国。心配していた雨は涙を流して喜んだ。しかし、朝晴は本当に帰ってきた訳ではなく、戻ってきたのは彼の魂だけだった。
自分の体を、落ちた穴の底に置いてきたまま、もう一度、雨に会いたくて……。

キャスト
吉田里琴、大石厚雄、大森美紀子、西川浩幸、岡田さつき、岡田達也、岡内美喜子、三浦剛、鍛治本大樹、小林春世、笹川亜矢奈、毛塚陽介、楠見薫

“「雨と夢のあとに」購入ページへはこちら