シリーズ累計70万部のベストセラーが遂にオーディオブック化!ディズニーそうじの神様が教えてくれたこと
        ウォルト・ディズニーが最も信頼した「そうじの神様」が生み出した仕事が夢と感動であふれる4つの物語 シリーズ70万部突破!

ディズニーそうじの神様が教えてくれたこと
サンプルを聴く

価格:1,188円

詳細をみる
「ディズニーランドで働く人たちが放つ本物の輝き」を見つけ出してほしい ―鎌田洋

リピート率90%を超えるディズニーランドで、最も人気のある職種をご存じですか?
それは「カストーディアル」という職種。ほうきとちりとりを手にパークを清掃する、いわゆる清掃員の仕事です。
清掃員と聞くと、一般的には地味なイメージを持つ人が多いでしょう。実は、オープン当時、今から30年前のディズニーランドでも「裏方」というイメージの強い職種でした。しかし、そこに現れたのは本家アメリカのディズニーからやってきた『そうじの神様』ことチャック・ボヤージン氏。彼はカストーディアルたちの仕事に対する抵抗感や劣等感をぬぐい去り、代わりに、誇りと夢を与えました。
本作では、その夢を与えられた著者・鎌田氏が自身の体験をもとに書き下ろした、純粋に仕事を愛し、人を幸せにしようとする気持ちにあふれたカストーディアル達の物語。仕事を通じてあなたの人生を輝かせるために本当に大切な事を、ストーリーを通して感じとることができるでしょう。

仕事が夢と感動であふれる4つの物語 第1話の冒頭をこのページでお聴きいただけます。 ◆第1話 夢の国の落とし物◆
       「ダメだと思っても、信じる心を共有することで、限界を超せる時がある」
       ◆第2話 月夜のエンターテイナー◆
       「掃除は、パレードやアトラクションを演出するための、舞台作りなんだ」
       ◆第3話 魔法のポケット◆
       「自分自身が夢を持っていないと、人に夢を与えることはできないよ」
       ◆第4話 夢の、その先◆
       「僕たちの仕事は床をきれいにするだけじゃない。
       ゲストに夢を与え、幸せを提供することが仕事なんだ」
第1話の冒頭をお聴きいただけます。

鎌田 洋(かまた ひろし)
 1950年、宮城県生まれ。商社、ハウスメーカー勤務を経て、1982年、(株)オリエンタルランド入社。
 東京ディズニーランドオープンに伴い、初代ナイトカストーディアル(夜間の清掃部門)・トレーナー兼エリアスーパーバイザーとして、ナイトカストーディアル・キャストを育成する。その間、ウォルト・ディズニーがこよなく信頼を寄せていた、アメリカのディズニーランドの初代カストーディアル・マネージャー、チャック・ボヤージン氏から2年間にわたり直接指導を受ける。
 その後、デイカストーディアルとして顧客との関わりを学んだ後、 1990年、ディズニー・ユニバーシティ(教育部門)にて、教育部長代理としてオリエンタルランド全スタッフを指導、育成する。1997年、(株)フランクリン・コヴィー・ジャパン代表取締役副社長を経て、1999年、(株)ヴィジョナリー・ジャパンを設立、代表取締役に就任。