定期配信番組

ミヤリサン製薬presents 北方謙三 水滸伝

定期配信番組 北方謙三「水滸伝」

今から約900年前の北宋末期の中国を舞台に、世を糾そうと立ち上がった108人の英雄たちの物語として古くから人気を集めている水滸伝。これを大胆にアレンジし、腐敗した国家に挑む"漢(おとこ)"たちの物語となったのが北方謙三版水滸伝です。

この作品の著者、佐賀県唐津市出身の北方謙三さん、語りで福岡県久留米市出身の石橋凌さんと、北部九州を放送エリアとしたKBCラジオがタッグを組んだ本作品は、横尾まりさん、野島裕史さんという実力派声優、壮大なオリジナルテーマ曲も加わり、「北方版水滸伝」に描かれる"漢"たちの生き様を音声化、リスナーの想像力を刺激する独自の世界観を作り出しています。

著者・北方謙三さん写真

原作

北方謙三

佐賀県唐津市生まれ。
80年代にハードボイルド小説の旗手として人気作家となる。
その後、89年より歴史小説の執筆を開始。
06年、水滸伝で第9回司馬遼太郎賞を受賞。

石橋凌さん写真

語り

石橋凌

福岡県久留米市出身。元ARBのボーカリスト。
82年に映画デビューし、96年にはハリウッド進出。
映画やドラマなど各方面で活躍。
11年にはソロとして音楽活動再開。

出演

  • 横尾まりさん写真
    横尾まり

    東京都出身。
    「戦闘メカ ザブングル」エルチ・カーゴ、「ドラえもん」スネ夫のママ(2代目)など多数作品に出演。

  • 野島裕史さん写真
    野島裕史

    東京都出身。
    『イナズマイレブン』(豪炎寺修也役)、『弱虫ペダル』(石垣光太郎役)、『黒子のバスケ』(伊月俊役)など多数作品に出演。

  • 【原作】 北方謙三 水滸伝(集英社文庫刊)
  • 【音楽】 森正明 ♪オープニング「朽ちざる誉」(くちざるほまれ) ♪エンディング「夢し漢よ」(ゆめしおとこよ)
  • 【脚本】 高橋良育/源祥子/大森信幸/田中摂
  • 【制作】 九州朝日放送/スバルプランニング

毎週水・金曜日の2度配信!月額540円※初月無料

  • 時間:約30分
  • PDF配信:なし
  • 制作元:九州朝日放送/スバルプランニング
  • 過去の放送:過去約12週間分まで聴取可能
  • サンプルを聴く
  • ※FeBeではクレジットカードのほか、docomo・ソフトバンクの決済でもご購入いただけます。
  • ※登録の翌月より月額540円の料金が発生します。
    また、以前に購読していたことのある方が、改めて購読する場合には
    初月無料キャンペーンの対象とはならないため、ご注意ください。
  • ※継続課金ですので、購読停止をされない場合、自動で継続される事となります。
  • ※退会後、同月内であれば再登録時に別途費用はかかりません。

まとめて楽しみたい方はこちら!

過去の配信分のアーカイブも配信中です。
過去配信分をまとめて聴きたいという方は、ぜひこちらをご利用ください!

  • 商品詳細ページへ
    • 価格:1,728円
    • 出版社: 集英社
    • 著者: 北方謙三
    • 朗読: 石橋凌、横尾まり、野島裕史
    • 再生時間:9時間45分
    サンプルを再生する
  • 商品詳細ページへ
    • 価格:1,728円
    • 出版社: 集英社
    • 著者: 北方謙三
    • 朗読: 石橋凌、横尾まり、野島裕史
    • 再生時間:11時間33分
    サンプルを再生する
  • 商品詳細ページへ
    • 価格:1,728円
    • 出版社: 集英社
    • 著者: 北方謙三
    • 朗読: 石橋凌、横尾まり、野島裕史
    • 再生時間:11時間51分
    サンプルを再生する
  • 商品詳細ページへ
    • 価格:1,728円
    • 出版社: 集英社
    • 著者: 北方謙三
    • 朗読: 石橋凌、横尾まり、野島裕史
    • 再生時間:12時間18分
    サンプルを再生する
  • 商品詳細ページへ
    • 価格:1,728円
    • 出版社: 集英社
    • 著者: 北方謙三
    • 朗読: 石橋凌、横尾まり、野島裕史
    • 再生時間:13時間3分
    サンプルを再生する
  • 商品詳細ページへ
    • 価格:1,728円
    • 出版社: 集英社
    • 著者: 北方謙三
    • 朗読: 石橋凌、横尾まり、野島裕史
    • 再生時間:13時間12分
    サンプルを再生する
サイン入りポスターサンプル画像

購入者プレゼント

2016年10月31日23:59までに定期配信番組 「水滸伝」を購読して、応募いただいた方から抽選で3名様に著者・出演者のサイン入りポスターをプレゼント!

応募期間は終了しました。
沢山のご応募ありがとうございました。

あらすじ(最新1か月分のあらすじをご紹介します)

  • 第597回~第600回

    【第597回】苦しかった境遇を振り返る鄭天寿のもとに敵が接近してくる。鄭天寿は、兵たちに落ち着いて待つよう告げる。

    【第598回】鄭天寿の作戦は、祝家荘との緒戦を見事に勝利に導いた。しかし鄭天寿は、運に恵まれたことによる勝利だと感じる。

    【第599回】鄭天寿は、蔓草を取ろうとして崖から落ちてしまう。秦明のもとには、武松と李逵が訪れ、戦に負けてほしいと言い出す。

    【第600回】秦明は、鄭天寿なき二竜山を囮として官軍を引きつけ、祝家荘戦を有利に進めるという梁山泊の策を聞く。

  • 第593回~第596回

    【第593回】戦闘状態に入った二竜山。各部隊への指示を送り、砦を見回った秦明は、公淑の家を訪れる。楊令の具合は良くなっていなかった。

    【第594回】公淑の家を出て本営に向かった秦明は、鄭天寿から辛い生い立ちを聞く。

    【第595回】北から五千の敵本隊が現れる。秦明はこれを迎え討つため、花栄らと軍議を開く。鄭天寿がある作戦を提案する。

    【第596回】祝家荘との戦いが目の前に。鄭天寿は一千の兵を引き連れ、崖の間際に陣をしく。鄭天寿は晁蓋との出会いを思い返す。

  • 第589回~第592回

    【第589回】秦明は、青州軍の離脱者の受け入れを決意する。六百名もの兵士が二竜山に新たに加わり、黄信、花栄のもとで調練を開始する。

    【第590回】楊令が高い熱を出したと鄭天寿から聞いた秦明は、公淑の家を訪問する。そこには寝台に横たわり全身をふるわせる楊令がいた。

    【第591回】楊令の病状に不安を募らせる公淑。秦明は、鄭天寿から聞いた秘薬の話と楊令の病状を記した手紙を梁山泊に送る。

    【第592回】祝家荘戦について、花栄と話をした秦明は、楊令の見舞いに公淑の家を訪れる。そこで、秦明は公淑に対する自分の想いに気づく。

  • 第585回~第588回

    【第585回】水療法が功を奏し、回復した李富は、すべてを捨て梁山泊との闘いに邁進すると決意する。独竜岡では、魯達が解珍と会っていた。

    【第586回】梁山泊の使いとして、山中の猟師・解珍のもとを訪れる魯達。一晩話し合い、魯達は解珍の人柄や見識の深さに惹きこまれる。

    【第587回】解珍は魯達のために、鹿の生肉を調理し始める。二人は肉を食べながら、梁山泊の現状、そこにいる男たちについて語り合う。

    【第588回】李家荘の李応について考える魯達。解珍は、杜興という男の存在を知らせる。人の心の内を読む解珍に、魯達は驚くばかりだった。

  • 第581回~第584回

    【第581回】祝家荘での作戦は万全だ、と李富は思っている。だが袁明は、祝家荘の内部に問題はないかと、李富を鋭く追求する。

    【第582回】李富は、二日ほど仕事に忙殺される。わずか二日、馬桂と過ごしていないだけで気がたかぶり、荒々しく馬桂を求める李富だった。

    【第583回】李富は、馬桂の無残な死を知り、眼醒めては叫び、また気を失う。そのくり返しだった。そんな李富を、駈けつけた洪清が救う。

    【第584回】絶叫のあまり老人のような声になった李富は、洪清の手配した家で水療法を受けながら、馬桂は梁山泊に殺されたと確信する。

  • 第577回~第580回

    【第577回】孫立は梁山泊に入る気持ちがあることを花栄と柴進に伝えた。独竜岡では、鄒淵が祝家に届ける獲物を大量に捕えていた。

    【第578回】解珍は再び刺又を手にし、鄒潤を稽古相手に、感覚を取り戻す。我を忘れた鄒潤は、解珍にすさまじい勢いで突っ込む。

    【第579回】解珍は闘う決意を固め、解宝らとともに祝家荘に猪を運ぶ。祝家を訪れた解珍は、孫立という甥と同じ名前を耳にする。

    【第580回】解珍、解宝らが持ち込んだ猪の料理は祝家荘で喜ばれた。解珍らが夜明けに帰ると、家の前では魯達が待っていた。

  • 第573回~第576回

    【第573回】祝家荘内に仲間を作る為、登州の城郭にやってきた花栄と柴進。目的の人物は、祝家荘の欒廷玉と同門である孫立という男だった。

    【第574回】孫立を仲間にする為、商人宿に入った花栄と柴進は、ひと晩を共に過ごす。花栄は、塩の道に関わる柴進の辛さを垣間見た。

    【第575回】花栄は真摯な態度で、孫立に梁山泊の話をする。孫立は、「なぜ俺なのだ」と疑問を口にする。花栄は祝家荘の内情を話した。

    【第576回】孫立が花栄と柴進に、祝家荘に行くことを承諾する。孫立は義理の弟、楽和が県知事に追われており、何とか助けたいと話す。

  • 第569回~第572回

    【第569回】解宝が梁山泊に対して熱い思いを抱いていることを知る解珍。「機を見て山を降りる」と、解宝とその仲間たちの前で宣言する。

    【第570回】祝家荘に戦の気配を感じた解珍親子は、真実を確かめるために祝家へとむかう。そこには確かにただならぬ闘気が漂っていた。

    【第571回】李家荘の李応と再会した解珍は、祝家荘の不穏な空気を感じとる。山の家へと戻ると、解宝に従おうという若い者達が待っていた。

    【第572回】解珍と解宝は、若い者を集め、祝家荘の動きを探る方法を話し合う。一方、二竜山の花栄は、登州の浜辺で船を待っていた。

  • 第565回~第568回

    【第565回】馬桂の口から「志がなんだ」と思わず本音が出る。馬桂の裏切りを確信した時遷は、剣を抜くが、逆に何者かに背後から刺され倒れた

    【第566回】山中の猟師・解珍は、獣肉を売るため祝家荘に出入りしていた。ある日「祝家荘の様子がおかしい」と息子の解宝から報告を受ける。

    【第567回】もとは保正であった解珍。しかし祝朝奉の策略にはまり、村を追われ役人を斬る事態にまで追い込まれた過去を持っていた。

    【第568回】『替天行道』に心動かされるも、誰にも胸の内を明かさなかった解珍。だが息子の解宝とその仲間たちも、同じ思いである事を知る。

  • 第561回~第564回

    【第561回】林冲の軍営に、鍛冶場の頭領、湯隆が史進に頼まれていた鉄棒を届けにきた。史進は、その棒で岩や木を軽々と打ち砕いてみせた。

    【第562回】闘いの場は、独竜岡の祝家荘と判明。梁山泊は臨戦態勢に入る。聚義庁の会議で「ついにこの時が来た」と晁蓋が檄を飛ばす。

    【第563回】史進は三百頭の馬を連れ、九竜寨へ戻る。時遷は、馬桂を処断するため、鄆城に潜入していた。そこに、石勇が報告にやってくる。

    【第564回】石勇は、呉用の指令を伝えた後、北京大名府へむかう。残った時遷は、馬桂の家へ忍びこみ、なぜ鄆城から動かないと問い詰めた。

  • 第557回~第560回

    【第557回】扈三娘に魅了された聞煥章は、婚約者である祝彪を死なせたいと思い始める。その頃、時遷は王和の軍に追われていた。

    【第558回】王和の軍に狙われた時遷は、公孫勝率いる致死軍に助けられる。公孫勝は時遷に死相が出ていると告げ、去っていく。

    【第559回】時遷は楊志暗殺時を調べた書きとめを読みこむ。石勇は祝家荘に潜入。戦の準備が整っていることを時遷に伝える。

    【第560回】石勇からの報告を聞く時遷は、自分が盗人になったときのことを思い起こす。そして、若い石勇の行く末を考える。

  • 第553回~第556回

    【第553回】石勇と話し合う時遷は官軍の潜伏先を捜し出す突破口を見出す。時遷は、石勇に楊志を死に追いやった原因を探せと発破をかける。

    【第554回】梁山泊との戦の準備を行う為、祝家荘を訪れた聞煥章。外へ散策に向かうと、扈家荘の保正の娘である扈三娘と出会う。

    【第555回】戦について扈三娘と話をする聞煥章。扈三娘の美貌に心を奪われる。祝家荘に戻った聞煥章は、唐昇から兵糧の相談を受ける。

    【第556回】聞煥章は唐昇に、祝一族を戦の先鋒に当てるよう指示。三荘潰滅もあり得る前提で、梁山泊を打ち破る作戦を進める。

  • 第549回~第552回

    【第549回】断金亭では会議が行われていた。史進が梁山泊の北に築いた砦〈九竜塞〉に、どれほどの兵力を割くかが話し合われる。

    【第550回】会議の後、呉用は朱武と共に密偵を増やすべきかどうかを話し合う。その夜半、呉用の居室に時遷がやってくる。

    【第551回】呉用から裏切者の処分の許可を貰った時遷。三人の部下を連れ、小さな城郭で情報収集をする。

    【第552回】酒屋の主人から、屯田の兵の情報を聞き出した時遷。秀抜と思われた施策も問題がある事を知る。

  • 第545回~第548回

    【第545回】魯達は鄭敬を腕一本で倒す。関勝と宣賛は金翠蓮を、養父・金潤が匿われているところに連れていく。金潤に怯える金翠蓮だった。

    【第546回】父親の金潤に、肉屋の妾として売られた金翠蓮を、魯達が救い出した。金翠蓮は関勝と宣賛を前に、身の上を語りだす。

    【第547回】西へ旅を続ける魯達。雄州に戻る関勝。二人は別れ際、互いにその素性に気づいていたことを明かしあう。

    【第548回】梁山泊で、呉用は戦略を練っていた。いずれは宋を攻めるため、そして梁山泊を国家として成り立たせるための構想を。

  • 第541回~第544回

    【第541回】李富と聞煥章は、万一、李応が裏切った時は暗殺すると決めた。その夜、聞煥章は、とある料理屋へ出向き、呂牛という男に会う。

    【第542回】聞煥章は呂牛に、自分だけのために仕事をしないかと誘うが、呂牛はそれを断る。保州では、関勝と宣賛がお忍びで城郭に入っていた。

    【第543回】宣賛は、関勝から魯達が魯智深だと聞く。そして関勝に、官軍内での立場が危ういからこそ、梁山泊が手をのばしてくると忠告する。

    【第544回】鄭敬は、決闘場に牛刀を携えて現われる。魯達は丸腰だった。虫けら相手に片腕もいらん。指一本で充分だ、と魯達は軽々と言った。

  • 第537回~第540回

    【第537回】関勝は郝思文の弟に扮して会った魯達の言葉を思い浮かべる。そして人里離れた庵に暮らす宣賛のもとを訪れる。

    【第538回】関勝は魯達と会い言われた言葉を宣賛に話す。話を聞いた宣賛は、戦について、関勝に執拗に問いかける。

    【第539回】宣賛は戦と関勝の進むべき姿について話を続ける。関勝は宣賛に自分の軍師になってほしいと話を持ち出す。

    【第540回】李富と聞煥章は、祝家荘を中心とした梁山泊撃破の罠を極秘に進める。二人は祝家荘等の人の扱い方に苦戦する。

  • 第529回~第532回

    【第529回】雄州の城郭でわざと騒ぎを起こし牢送りとなる魯達。牢内で役人の不正について呟き、それは瞬く間に囚人の心をとらえる。

    【第530回】魏定国が魯達に会いにくる。「片腕をどこでなくした?」と問う魏定国に「生まれた時から生えていなかった」と魯達は答える。

    【第531回】少華山から連れてきた馬を皇甫端に見てもらう史進は皇甫端の腕前に感心する。史進は、林冲と共に聚義庁に向かう。

    【第532回】呉用の呼び掛けによって、聚義庁に集まった宋江達。史進が口にした「荘軍」を糸口に、青蓮寺の狙いが徐々に浮き彫りになる。

  • 第525回~第528回

    【第525回】段景住が四百頭の馬を双頭山に運んでくる。その中の一頭、白光にまたがり、宋江は護衛の林冲らとともに、ついに梁山泊に入る。

    【第526回】ついに宋江が梁山泊に入った。晁蓋との久々の再会を果たした後、聚義庁に行き、晁蓋の名前の隣に名札をかける。

    【第527回】陳達は史進のもとで千五百の歩兵を率いることとなる。駐屯場となる原野に向かうと、史進と林冲が厩舎の場所を話合っていた。

    【第528回】梁山泊では、少華山と了義山の戦について話し合いが行われていた。なにがよくてなにが悪いかをはっきりさせるためである。

  • 第521回~第524回

    【第521回】阮小五に賞金がかかっていた。それを狙う百姓集団が陳達たちを襲う。なんとか逃れた陳達たちの前に、致死軍と名乗る者が現われた。

    【第522回】少華山から落ちてきた兵士たちを助けるために、梁山泊が動いていた。陳達と遭遇した晁蓋は、重傷の阮小五を医師の文祥に託した。

    【第523回】梁山泊の同志が見守る中、阮小五は晁蓋の腕の中で息をひきとった。一方、双頭山では、宋江と朱仝が、この闘いをふり返っていた。

    【第524回】閻婆惜の母親、馬桂が鄆城にいる。その様子を探るよう、宋江は武松に依頼する。宋江には閻婆惜に対して、忸怩たる思いがあった。

  • 第517回~第520回

    【第517回】史進の決意に従い、朱武、陳達、楊春そして阮小五らは志をかけて、少華山を放棄してでも了義山を攻めに向かう。

    【第518回】阮小五は偽装して了義山に入ることを計画する。陳達は三百名の歩兵を連れ、史進と共に突っ込むと提案する。

    【第519回】阮小五の偽装侵入が成功し、了義山に乗り込んだ史進、陳達らは、営舎を燃やし、つぎつぎと敵を斬り倒す。

    【第520回】官軍が近づいた合図に了義山から一斉に撤退する史進ら。陳達は、矢傷を負った阮小五を連れ、山道を逃げる。

  • 第513回~第516回

    【第513回】朱武と阮小五は、最近出来た賊徒の砦、了義山について話をする。了義山は偽装かもしれないと、阮小五は疑念を抱いていた。

    【第514回】少華山に戻ってきた阮小五と朱武。砦では、月に一度行われる食事の準備が進められていた。阮小五は、熊を使った鍋料理に驚く。

    【第515回】食事を終えた阮小五達は、営舎裏の岩に登り、月を眺める。史進達の仲の良い様子を、阮小五は微笑ましく見つめた。

    【第516回】史進は、少華山を捨て、了義山を攻めるという案について、朱武、陳達、楊春、阮小五の考えを聞く。

  • 第509回~第512回

    【第509回】官軍の将軍2名に罰を与えるべきだと言い放つ聞煥章。前例のない処罰に、呉達や蒼英らは動揺するが、袁明は承認する。

    【第510回】負け戦の責を負わされ、二人の将軍が柱に縛られ命尽きるまでの晒し刑となる。李富は聞煥章と二人でその一部始終を見ていた。

    【第511回】童貫に呼び出された李富と聞煥章。二人は禁軍府に晒してある将軍について問い質される。李富は「正式な処罰です」と反論する。

    【第512回】童貫と梁山泊について話し合う李富と聞煥章。一方、阮小五は少華山を訪れ、史進たちの訓練に圧倒される。

  • 第505回~第508回

    【第505回】宋江たちは無事双頭山に入る。通信網の整備、大幅な編制替え、砦の強化など、各自が忙しく動きはじめた。

    【第506回】双頭山に留まる宋江。砦の中を歩き、そこに働く人々や、新しく作られていく鍛冶場や売店等の観察を日課としていた。

    【第507回】秋風が吹く頃、双頭山に戴宗が王定六を伴って訪ねてくる。青蓮寺によって遮断されていた通信が、復活したという。

    【第508回】官軍は、大軍を動員しながらも宋江を取り逃がした。青蓮寺では、袁明のもとに聞煥章や李富が集まり会議を開いていた。

定期配信番組の楽しみ方

スマホで楽しむ

商品を購入したらスマホアプリ「FeBe」の本棚に追加されます。
本棚から一度ダウンロードすれば、 オフラインでも再生できます。(アプリの利用には ログインが必要です)

PCで楽しむ

商品を購入したらPCからダウンロードできます。
ダウンロードした音源はiTunesなどの再生ソフトで 聞いたり、CDに入れることも可能です。