定期配信番組

ミヤリサン製薬presents 北方謙三 水滸伝

定期配信番組 北方謙三「水滸伝」

今から約900年前の北宋末期の中国を舞台に、世を糾そうと立ち上がった108人の英雄たちの物語として古くから人気を集めている水滸伝。これを大胆にアレンジし、腐敗した国家に挑む"漢(おとこ)"たちの物語となったのが北方謙三版水滸伝です。

この作品の著者、佐賀県唐津市出身の北方謙三さん、語りで福岡県久留米市出身の石橋凌さんと、北部九州を放送エリアとしたKBCラジオがタッグを組んだ本作品は、横尾まりさん、野島裕史さんという実力派声優、壮大なオリジナルテーマ曲も加わり、「北方版水滸伝」に描かれる"漢"たちの生き様を音声化、リスナーの想像力を刺激する独自の世界観を作り出しています。

著者・北方謙三さん写真

原作

北方謙三

佐賀県唐津市生まれ。
80年代にハードボイルド小説の旗手として人気作家となる。
その後、89年より歴史小説の執筆を開始。
06年、水滸伝で第9回司馬遼太郎賞を受賞。

石橋凌さん写真

語り

石橋凌

福岡県久留米市出身。元ARBのボーカリスト。
82年に映画デビューし、96年にはハリウッド進出。
映画やドラマなど各方面で活躍。
11年にはソロとして音楽活動再開。

出演

  • 横尾まりさん写真
    横尾まり

    東京都出身。
    「戦闘メカ ザブングル」エルチ・カーゴ、「ドラえもん」スネ夫のママ(2代目)など多数作品に出演。

  • 野島裕史さん写真
    野島裕史

    東京都出身。
    『イナズマイレブン』(豪炎寺修也役)、『弱虫ペダル』(石垣光太郎役)、『黒子のバスケ』(伊月俊役)など多数作品に出演。

  • 【原作】 北方謙三 水滸伝(集英社文庫刊)
  • 【音楽】 森正明 ♪オープニング「朽ちざる誉」(くちざるほまれ) ♪エンディング「夢し漢よ」(ゆめしおとこよ)
  • 【脚本】 高橋良育/源祥子/大森信幸/田中摂
  • 【制作】 九州朝日放送/スバルプランニング

毎週水・金曜日の2度配信!月額540円※初月無料

  • サンプルを聴く
  • ※FeBeではクレジットカードのほか、docomo・ソフトバンクの決済でもご購入いただけます。
  • ※登録の翌月より月額540円の料金が発生します。
    また、以前に購読していたことのある方が、改めて購読する場合には
    初月無料キャンペーンの対象とはならないため、ご注意ください。
  • ※継続課金ですので、購読停止をされない場合、自動で継続される事となります。
  • ※退会後、同月内であれば再登録時に別途費用はかかりません。

まとめて楽しみたい方はこちら!

過去の配信分のアーカイブも配信中です。
過去配信分をまとめて聴きたいという方は、ぜひこちらをご利用ください!

  • 商品詳細ページへ
    • 価格:1,728円
    • 出版社: 集英社
    • 著者: 北方謙三
    • 朗読: 石橋凌、横尾まり、野島裕史
    • 再生時間:9時間45分
    サンプルを再生する
  • 商品詳細ページへ
    • 価格:1,728円
    • 出版社: 集英社
    • 著者: 北方謙三
    • 朗読: 石橋凌、横尾まり、野島裕史
    • 再生時間:11時間33分
    サンプルを再生する
  • 商品詳細ページへ
    • 価格:1,728円
    • 出版社: 集英社
    • 著者: 北方謙三
    • 朗読: 石橋凌、横尾まり、野島裕史
    • 再生時間:11時間51分
    サンプルを再生する
サイン入りポスターサンプル画像

購入者プレゼント

10月31日23:59までに定期配信番組 「水滸伝」を購読して、応募いただいた方から抽選で3名様に著者・出演者のサイン入りポスターをプレゼント!

応募期間は終了しました。
沢山のご応募ありがとうございました。

あらすじ(最新1か月分のあらすじをご紹介します)

  • 第353回~第356回

    【第353回】塩の道や禁軍の宿元景について楊志と呉用は話し合う。話を済ませた楊志は、練兵場に降りると公孫勝と晁蓋の姿を見つける。

    【第354回】石秀について話をする楊志達。途中、公孫勝が抜けると、官軍との戦について話が移る。翌朝、楊志は蒋敬を連れ二竜山に向かう。

    【第355回】二竜山に戻った楊志と蒋敬。蒋敬は、二竜山の物資の管理を始める。楊志は久し振りに曹正に会い、楊令と済仁美の近況を聞く。

    【第356回】蔣敬は二竜山の物流の整備と強化にあたる。蒋敬のもとを曹正が訪れ、塩の道と楊志について情報を交わす。

  • 第349回~第352回

    【第349回】梁山泊を出た林冲と安道全が、柴進の屋敷へと到着した。魯智深を見た安道全は、一刻を争う容体であると判断する。

    【第350回】死の淵に一歩踏み出している―安道全は魯智深の容体をそう判断し、左腕を肩から切り落とすことを決意する。

    【第351回】手術を終えた魯智深に皆が喜ぶ。魯智深は鄧飛に感謝の言葉を贈る。安道全は驚異的な回復を見せる魯智深に唖然とする。

    【第352回】回復した魯智深は、林冲の勧めもあって、魯達と改名する。一方、楊志は梁山泊で塩の道を守る清風山について話し合っていた。

  • 第341回~第344回

    【第341回】鄧飛は、女真族に取り入り、営舎の厠の清掃をはじめる。黙々と仕事をこなす鄧飛に、ついに牢屋の清掃が命じられた。

    【第342回】魯智深は、生きていた。歓喜する鄧飛だが、魯智深を繋いでいる鎖を外す方法がない。だが、魯智深は、明日脱獄を決行するという。

    【第343回】魯智深は、鎖に繋がれた左手首を自ら切り落とし、脱獄する。鄧飛は、用意した小舟に魯智深を乗せ、川を下りはじめた。

    【第344回】小舟を捨て、鄧飛と魯智深は陸路を逃げる。魯智深の傷は重く、鄧飛は魯智深を担ぐようにして、ひたすら海をめざした。

  • 第337回~第340回

    【第337回】呉用たち一行は、滄州に到着し、柴進の屋敷で北の賊の情報を得る。呉用は、飲馬川の孟康を紹介される。

    【第338回】飲馬川の山寨に到着した呉用。孟康に梁山泊と組むよう持ちかけ、五百名分の武器を買い集める仕事を与える。

    【第339回】孟康の兄貴分の鄧飛は、女真族のもとに向かった魯智深を追いかけていた。鄧飛は、魯智深の言葉を思い返す。

    【第340回】鄧飛は、幼い頃、母を殺した女を、自分で殺した。そして鎖鎌を得物に盗賊になった過去を思い出す。

  • 第333回~第336回

    【第333回】江州の戦から時が流れ、袁明は主立った者を集め、戦の敗因を考えていた。袁明は二竜山の楊志について思案を巡らす。

    【第334回】梁山泊に対する次なる策として、禁軍の宿元景をぶつけようと考えた袁明。準備を進める為、蔡京の部屋に向かう。

    【第335回】宿元景と青蓮寺との結びつきについて、蔡京と交渉する袁明。交渉は成立し、袁明は蔡京に微かな連帯感を覚える。

    【第336回】呉用は、北の守りを強化するため、劉唐と致死軍を連れ、北京大名府の下級役人になりすまし旅に出た。

  • 第329回~第332回

    【第329回】陸に戻った宋江を囲んで、宴の席が設けられる。皆を円形に座らせその中央に着席した宋江は、まず全員に頭を下げた。

    【第330回】済仁美は幸せだった。楊志は優しく、楊令は可愛い。しかし、どこかでこんな幸福がいつまでも続くはずがないと感じていた。

    【第331回】楊令を連れて楊志に会いに行く済仁美。そこで楊志は梁山泊について語り始める。済仁美は、つい感傷に浸ってしまう。

    【第332回】楊令と共に楊志に会った済仁美は、幸福な時を過ごす。翌朝、安丘の店に帰った済仁美のもとに馬桂がやってくる。

  • 第325回~第328回

    【第325回】押し込んでは戻る、一進一退の闘いが続く中、童威は、弟とともに敵の陣中に押し込み、そこに留まり活路を開く、と公孫勝に迫った。

    【第326回】宋江を川の中州の砦から救うため、官軍と闘う穆弘、李俊達。公孫勝率いる致死軍も加わるが、敵の堅陣を前に苦しい闘いとなる。

    【第327回】公孫勝の頭に「勝てるのか」と不安がよぎったその瞬間、戦場に地響きが聞える。豹子頭林冲の騎馬隊が到着したのだった。

    【第328回】林冲らは江州の城郭を制圧、中洲の砦を囲む敵の軍船に火を放つ。砦に籠っていた宋江らを迎えるために、味方の船が到着する。

  • 第321回~第324回

    【第321回】黄文炳が率いる大軍に包囲され、外部との連絡を断たれ、中州は孤立していた。そこに、敵の眼を掻い潜り致死軍の劉唐が来た。

    【第322回】宋江たちは、陸上でも戦をしているという劉唐の言葉に、勇気づけられる。そして翌朝。ついに、官軍の攻撃がはじまった。

    【第323回】宋江たちは、官軍の上陸をかろうじて撃退する。攻撃の敗因を検討する黄文炳のもとに、州知事の蔡徳章から呼び出しがかかった。

    【第324回】黄文炳は蔡徳章の非難にも揺るがなかった。穆弘と李俊の軍を釘付けにし、宋江を兵糧攻めにするという作戦の勝利を確信していたのだ。

  • 第317回~第320回

    【第317回】袁明は、洪清を相手に、人と重ね合わせて国の老いを語る。そして再び、楊志と晁蓋をどう倒すかひとり考える。

    【第318回】南下する晁蓋たちの前に三万の官軍が待ち構えていた。晁蓋は、林冲率いる騎馬隊を江州に先行させる。

    【第319回】晁蓋と阮小五は、空城の計を企てる。阮小五は戦の前夜、軍師としての不安を晁蓋に洩らす。

    【第320回】晁蓋と阮小五は、策通り、奇襲攻撃をかける。残りの大軍を相手に晁蓋は留まる決意をし、宋万を先行させる。

  • 第313回~第316回

    【第313回】敵の部隊に振り回される李俊と穆弘。なんとか九死に一生を得る。攻めあぐねる二人の元へ、見知らぬ騎馬隊がやって来る。

    【第314回】攻めあぐねる李俊達の前に致死軍の楊雄が現われ、城郭の守備兵を誘い出すと言う。疑う李俊達だったが、楊雄を信じることに。

    【第315回】楊雄の言葉を信じ、埋伏の作戦をとる李俊達。楊雄は言葉通り官軍を誘い出す。李俊達の計略は見事成功し、勝利を収める。

    【第316回】袁明は、今が叛乱に勢いをつけないために大事な時期だと考え、ひとり、ここ数年の叛乱の動きをふり返る。

  • 第309回~第312回

    【第309回】砦に籠る宋江を追い詰める策を、ひたすら練る江州副知事・黄文炳。そこへ、知事である蔡徳章がやって来る。

    【第310回】緩みきった江州の軍規を引き締めるため、黄文炳は味方の将軍を捕え、見せしめとして前線の柱に生きたまま張りつけにする。

    【第311回】李俊と穆弘は官軍一万と対峙する。しかし、官軍に隙は見当たらない。穆弘は穆春と童威に、城郭に侵入する事を命じる。

    【第312回】城郭の陽動作戦が成功する。勢いに乗り官軍を打ち破ろうとする李俊達だったが、そこへ突然、敵から思わぬ反撃を受ける。

  • 第305回~第308回

    【第305回】新しく集まった七百人を引き連れ出発した童威は、途中で合流した穆春から、宋江の人となりや張横、張順の兄弟のことなどを聞く。

    【第306回】一万の官軍に、隠れ家を包囲された。建物に火を放ち、宋江、戴宗、武松、李逵は敵の兵をかわしながら、ひたすら駆ける。

    【第307回】追手を振り切り、張順が用意した小舟に乗り込む宋江達。川の中洲にある砦へと到着する。そこには二百八十名の同志が集っていた。

    【第308回】砦に替天行道の旗を掲げたい。戴宗の申し出に宋江は、「あの旗は、私の旗ではない。それを仰ぐ者、みんなの旗だ」と話す。

  • 第301回~第304回

    【第301回】馬桂は、着実に済仁美と楊令の心に近づいていた。一方、江州では、青蓮寺の黄文炳が、飛脚屋の戴宗に疑念を抱いていた。

    【第302回】黄文炳は、江州の州知事として着任した蔡徳章に、宋江がこの地に入る情報があると告げ、恫喝と懐柔で、なにもするなと釘を刺した。

    【第303回】戴宗を訊問した黄文炳は、戴宗を逆賊と確信する。そして、戴宗の身辺をさらに徹底調査するよう命じ、ついに宋江の所在を摑む。

    【第304回】官軍一万が宋江捕縛のため動きはじめた。童威はそれを駈けに駈け、李俊に知らせる。李俊は、山寨の手勢五百を連れ急遽出発する。

  • 第297回~第300回

    【第297回】馬桂が動き、済仁美に近づこうとしていた。一方、梁山泊で晁蓋は、蜂起を広げるための戦略を考えていた。

    【第298回】晁蓋は、青蓮寺の動きを心配する呉用から、全国の報告を聞く。晁蓋は、黄文炳や青蓮寺の見ええぬ力に懸念を抱く。

    【第299回】晁蓋は、青蓮寺のこれまでにない動きを懸念する。一方、済仁美は、自分の過去と今の幸福について考えていた。

    【第300回】済仁美のもとに、馬桂が訪ねてくる。警戒心を抱く済仁美と楊令であったが、次第に三人は打ち解けていく。

  • 第293回~第296回

    【第293回】語り合う宋江と戴宗は、魯智深の行方を心配する。

    【第294回】李富から宋江の捕縛を命じられた黄文炳は、資料を調べるうち、飛脚屋の戴宗に目をつけた。早速、手の者に指示を出す。

    【第295回】蔡京の息子であり、江州の新たな知府である蔡徳章を迎える黄文炳。挨拶を済ませると青蓮寺の使者から梁山泊の近況を聞く。

    【第296回】李富は、楊志を消すために李文鎮に入った。李富は、使者から水上の盗賊が課題であることを聞かされる。

  • 第289回~第292回

    【第289回】州副知事の黄文炳。この男を見るたびに薄気味の悪さを感じる戴宗は、その動向に常に眼を光らせていた。

    【第290回】宋江、武松、李逵が江州に入った。宿となる料理屋の二階で、戴宗は久しぶりに宋江と対面を果す。

    【第291回】戴宗の仲間と顔を合わせる宋江達だったが、李逵と

    【第292回】李逵と張順の喧嘩が終り、互いの絆が深まる。皆と賑やかな酒宴を終え、宋江は久しぶりに戴宗と二人だけで言葉を交わす。

  • 第285回~第288回

    【第285回】死闘の末、李逵と武松は二頭の虎を倒す。李逵は仕留めた虎の腹を裂き、母の腹を取り戻そうとするが、宋江と武松が諌(いさ)める。

    【第286回】火を熾し、倒した虎の肉を焼く武松。「こういう肉さえ食えずに何が世直しか」。理由もなくそう思い、宋江は肉に食らいつく。

    【第287回】宋江と武松が江州へと出発を決めた、その夜明け。歩き始める二人の後ろを、付いてくる者がいる―。李逵だった。

    【第288回】牢役人でありながらも、飛脚屋を営む戴宗。宋江を無事江州へ迎え入れるために、その準備に奔走していた。

  • 第281回~第284回

    【第281回】梁山泊に入った楊志は、断金亭で様々な男たちと酒を酌み交わす。そして林冲と志についてお互いの思いを語りあった。

    【第282回】望江郊外に潜伏していた宋江のもとに、李逵が返礼をもって現われる。虎が出たと聞いて、宋江と武松は李逵を促し、急いで山に入る。

    【第283回】武松と宋江は、腹を抉られた李逵の母の無残な姿を発見する。虎に襲われたのだ。李逵の哀しみの遠吠えが山に谺(こだま)した。

    【第284回】宋江たちの前に、李逵の母を襲った二頭の虎が現われる。虎と対決する李逵と武松。宋江はそれを見守るしかなかった。

  • 第277回~第280回

    【第277回】袁明、李富、呉達、蒼英は、二竜山、桃花山の攻略策を立てる。袁明は、すべては塩の道だと口にする。

    【第278回】李富は、袁明から馬桂をつかって、楊志を消せという命令を下される。李富は、馬桂のもとへ向かう。

    【第279回】楊志は、鍛え抜いた騎馬隊二百、歩兵八百を梁山泊に合流させるため、『替天行道』の旗を掲げて、出発する。

    【第280回】楊志率いる一千の兵が梁山泊に合流した。青蓮寺を警戒する晁蓋は、二竜山、桃花山を強化しようと言う。

  • 第273回~第276回

    【第273回】砦から出て闘う李俊は、喧嘩で培った間合いで官軍を翻弄する。そこへ穆弘の掩護も入り、李俊は官軍に見事勝利する。

    【第274回】宋江は江州から離れた湖のそばに滞在していた。そこへ穆春がやってくる。宋江は釣りをしながら穆春と兄弟について語り合う。

    【第275回】穆春と釣りを楽しむ宋江は、一匹の大物を釣り上げる。しかし、不意に現れた黒旋風の李逵と呼ばれる男に、魚を取られてしまう。

    【第276回】宋江のもとに馬桂が働く気になったという知らせがくる。一方、李富は、南で起きた叛乱を、袁明に報告する。

  • 第269回~第272回

    【第269回】李俊と本音で語り合った宋江は、翌朝屋敷を出立する。その後李俊は屋敷に引きこもり、自分が進むべき道について考える。

    【第270回】叛乱を起こし、山に籠る決意を固めた李俊。李立、童威、童猛の三人の弟分に、その熱い胸の内を語る。

    【第271回】互いの胸中を明かす李俊と穆弘。叛乱の為の砦を築いた李俊は、再びやってきた穆弘の言葉をきっかけに替天行道の旗を掲げる。

    【第272回】砦を築いた李俊の元に、穆春が武器を運んでくる。

  • 第265回~第268回

    【第265回】闇塩の取引は、罠だった。だが見抜いていた李俊は、裏をかき出し抜いた。困る役人に、お互いのためにと賄賂を渡す李俊だった。

    【第266回】塩の密売を生業とする李俊。塩賊を追う役人によって罠にかけられるが、賄賂を渡すことで、その場を切り抜ける。

    【第267回】武松が、公淑のために山から欅の幼木を運んできた。

    【第268回】宋江は李俊の屋敷に滞在しながらも、密偵である時遷や梁山泊の使いの者を通して、常に様々な情報を掴んでいた。

定期配信番組の楽しみ方

スマホで楽しむ

商品を購入したらスマホアプリ「FeBe」の本棚に追加されます。
本棚から一度ダウンロードすれば、 オフラインでも再生できます。(アプリの利用には ログインが必要です)

PCで楽しむ

商品を購入したらPCからダウンロードできます。
ダウンロードした音源はiTunesなどの再生ソフトで 聞いたり、CDに入れることも可能です。