定期配信番組

ミヤリサン製薬presents 北方謙三 水滸伝

定期配信番組 北方謙三「水滸伝」

今から約900年前の北宋末期の中国を舞台に、世を糾そうと立ち上がった108人の英雄たちの物語として古くから人気を集めている水滸伝。これを大胆にアレンジし、腐敗した国家に挑む"漢(おとこ)"たちの物語となったのが北方謙三版水滸伝です。

この作品の著者、佐賀県唐津市出身の北方謙三さん、語りで福岡県久留米市出身の石橋凌さんと、北部九州を放送エリアとしたKBCラジオがタッグを組んだ本作品は、横尾まりさん、野島裕史さんという実力派声優、壮大なオリジナルテーマ曲も加わり、「北方版水滸伝」に描かれる"漢"たちの生き様を音声化、リスナーの想像力を刺激する独自の世界観を作り出しています。

著者・北方謙三さん写真

原作

北方謙三

佐賀県唐津市生まれ。
80年代にハードボイルド小説の旗手として人気作家となる。
その後、89年より歴史小説の執筆を開始。
06年、水滸伝で第9回司馬遼太郎賞を受賞。

石橋凌さん写真

語り

石橋凌

福岡県久留米市出身。元ARBのボーカリスト。
82年に映画デビューし、96年にはハリウッド進出。
映画やドラマなど各方面で活躍。
11年にはソロとして音楽活動再開。

出演

  • 横尾まりさん写真
    横尾まり

    東京都出身。
    「戦闘メカ ザブングル」エルチ・カーゴ、「ドラえもん」スネ夫のママ(2代目)など多数作品に出演。

  • 野島裕史さん写真
    野島裕史

    東京都出身。
    『イナズマイレブン』(豪炎寺修也役)、『弱虫ペダル』(石垣光太郎役)、『黒子のバスケ』(伊月俊役)など多数作品に出演。

  • 【原作】 北方謙三 水滸伝(集英社文庫刊)
  • 【音楽】 森正明 ♪オープニング「朽ちざる誉」(くちざるほまれ) ♪エンディング「夢し漢よ」(ゆめしおとこよ)
  • 【脚本】 高橋良育/源祥子/大森信幸/田中摂
  • 【制作】 九州朝日放送/スバルプランニング

毎週水・金曜日の2度配信!月額540円※初月無料

  • サンプルを聴く
  • ※FeBeではクレジットカードのほか、docomo・ソフトバンクの決済でもご購入いただけます。
  • ※登録の翌月より月額540円の料金が発生します。
    また、以前に購読していたことのある方が、改めて購読する場合には
    初月無料キャンペーンの対象とはならないため、ご注意ください。
  • ※継続課金ですので、購読停止をされない場合、自動で継続される事となります。
  • ※退会後、同月内であれば再登録時に別途費用はかかりません。

まとめて楽しみたい方はこちら!

過去の配信分のアーカイブも配信中です。
過去配信分をまとめて聴きたいという方は、ぜひこちらをご利用ください!

  • 商品詳細ページへ
    • 価格:1,728円
    • 出版社: 集英社
    • 著者: 北方謙三
    • 朗読: 石橋凌、横尾まり、野島裕史
    • 再生時間:9時間45分
    サンプルを再生する
  • 商品詳細ページへ
    • 価格:1,728円
    • 出版社: 集英社
    • 著者: 北方謙三
    • 朗読: 石橋凌、横尾まり、野島裕史
    • 再生時間:11時間33分
    サンプルを再生する
  • 商品詳細ページへ
    • 価格:1,728円
    • 出版社: 集英社
    • 著者: 北方謙三
    • 朗読: 石橋凌、横尾まり、野島裕史
    • 再生時間:11時間51分
    サンプルを再生する
サイン入りポスターサンプル画像

購入者プレゼント

10月31日23:59までに定期配信番組 「水滸伝」を購読して、応募いただいた方から抽選で3名様に著者・出演者のサイン入りポスターをプレゼント!

応募期間は終了しました。
沢山のご応募ありがとうございました。

あらすじ(最新1か月分のあらすじをご紹介します)

  • 第429回~第432回

    【第429回】秦明を迎え、歓迎の宴を開く林冲。晁蓋からのもう一通の命令書には、林冲・李俊・穆弘らの梁山泊入りが書かれていた。

    【第430回】大隊長の任を解かれ、二竜山の馬のすべてを任されていた段景住。次は、林冲の梁山泊入りに同行することを命じられる。

    【第431回】昔、出会った馬医者の皇甫端を思い出した段景住は、林冲に梁山泊に誘いたいと申し出る。その話を聞き、林冲は快諾する。

    【第432回】桃花山からの仲間である李忠に会い、段景住は懐かしい気持に浸る。一方、双頭山にいる雷横は、鄧飛の扱いに困っていた。

  • 第425回~第428回

    【第425回】致死軍の増強を依頼する公孫勝。晁蓋は、その言葉の裏に林冲への対抗心を読み取る。秦明は楊志に代わり二竜山へ行くことになった。

    【第426回】晁蓋は秦明に、二竜山の指揮を命じた。翌日梁山泊を出発した秦明と花栄は、二竜山の砦に到着し、穆弘に命令書を見せる。

    【第427回】調練に出た林冲を待つ秦明は、小さな躰で剣を履いた少年に出会う―楊令だった。秦明は話かけるも、楊令は何も答えない。

    【第428回】秦明が二竜山の指揮をすることを受け入れられない穆春。花栄に棒での腕試しを挑むが、瞬時に打ち倒される。

  • 第421回~第424回

    【第421回】青蓮寺は、闇の塩と梁山泊の関わりについて、確信を持つにいたっていた。そして袁明は、会議で清風山が怪しいと二度も言った。

    【第422回】すべては塩の道だ、と確認され会議は終った。李富はひとり袁明に呼ばれ、馬桂をまた旅に出せと命じられる。目的は呉用の暗殺だった。

    【第423回】ついに秦明将軍が、青州軍を離脱し、花栄とともに梁山泊に入った。晁蓋の歓迎の辞に、志のために尽力すると答える秦明だった。

    【第424回】晁蓋、呉用、公孫勝が話し合い、劉唐に第二の致死軍を作らせることになった。そして、劉唐を滄州の柴進と組ませることも決まった。

  • 第417回~第420回

    【第417回】魯達は、秦明の人となりを感じとる。秦明は、魯達から女真で片腕をなくし、思い定めた覚悟を聞く。

    【第418回】秦明と国の蘇生について互いの考えを話した魯達は話題を変え、宋江と会った時のことを話し始める。

    【第419回】秦明と語り終えた魯達は、蕭譲が書いた手紙を見せる。信で繋がる強さを説いた魯達は手紙を燃やし、幕舎を出る。

    【第420回】青蓮寺にもどった李富は、楊志暗殺後も、林冲が入った二竜山、新たな双頭山の見えぬ動きに頭を悩ませていた。

  • 第413回~第416回

    【第413回】蒋敬の話を聞く林冲。しかし、頭の中は騎馬隊の事で一杯だった。いつものように楊令に稽古をつける林冲。そこへ公淑が現れる。

    【第414回】公淑は、楊令の傍についていていいかと林冲に聞く。林冲は稽古の時以外ならとそれを承諾する。李俊はそんな林冲に感心する。

    【第415回】李俊の助言があって、林冲は一千の騎馬隊を作る事を決意する。一方、魯達は秦明将軍に会う為、北京大名府にやって来ていた。

    【第416回】魯達は花栄の引き合いで、秦明と会う。覚悟を問われた魯達は、場合によっては秦明にも死んでもらうと告げる。

  • 第409回~第412回

    【第409回】梁山泊の文治省で働く蕭譲は、三日三晩一枚の紙と向き合っていた。それは官軍の秦明という将軍が書いた伝達書であった。

    【第410回】蕭譲は、秦明の筆跡を完全に自分のものにする。関勝という将軍に宛てた秦明の偽の手紙を書き上げ、呉用の部屋へと向かった。

    【第411回】呉用との話を終えた戴宗と蕭譲は互いの近況を話し合う。一方、二竜山の林冲は、死んだ楊志の息子、楊令に稽古をつける。

    【第412回】兵に厳しい訓練を課し、楊令に厳しく当たる林冲。周りから反感を買うが気にしない。そこへ蒋敬が、話があるとやってくる。

  • 第405回~第408回

    【第405回】双頭山では、朱仝が迷いをふっ切っていた。一方、旅を続ける宋江たちに馬麟も加わっていた。一行は、ついに王進のもとに到着する。

    【第406回】子牛山の王進の家を訪れる宋江。初めて王進とその母、そして史進と対面を果した。武松は、母に言葉をかけられ涙を流す。

    【第407回】子牛山で心安らかなひとときを過ごす宋江。その夜、王進に史進を少華山へ戻したい、と相談する。

    【第408回】史進が少華山へ帰還する。朱武をはじめとする少華山の兵全員が、戟を立て、大きな歓声で史進を隊長として迎え入れた。

  • 第401回~第404回

    【第401回】宋江を狙った賞金稼ぎたちは、李逵の板斧が返り討ちにした。ひとり生け捕られた馬麟は、晒しものにするくらいなら殺せと迫った。

    【第402回】馬麟は、息を止めて自らの命を断(た)とうとするが、死ねない。そんな馬麟に、宋江は命をひとつ貸すと言って去るのだった。

    【第403回】双頭山を指揮する朱仝と雷横は、実戦の必要性を痛感していた。そこで、交互に城郭を襲い、官軍の武器倉を襲う作戦を実行する。

    【第404回】官軍の武器倉の襲撃に成功した朱仝と雷横のもとに、宋清が訪ねてくる。朱仝は、憑かれたように仕事をする宋清の身を案じた。

  • 第397回~第400回

    【第397回】宋江一行に欧鵬が加わった。一方、盧俊義の屋敷では、魯達と花栄が、秦明をどう梁山泊に引き込むかを話す。

    【第398回】花栄は、魯達が生まれ変わったことで、命を惜しまず、穢れることも恐れない姿勢に変わったことを知る。

    【第399回】魯達と、屋敷に戻った盧俊義は、秦明を梁山泊に引き込むために、偽の書簡を使って、罠にはめる策を考えつく。

    【第400回】宋江達と旅に出た欧鵬は、鉄笛仙と言われる賞金稼ぎの馬麟の存在を恐れ警戒する。そこに笛の音が聞こえる。

  • 第393回~第396回

    【第393回】李逵に横っ面を張られる欧鵬。だが、諦めず宋江のあとを追う。一方、宋江はひと月前の出来事を思い出していた。

    【第394回】宋江は山中で出会った陶宗旺の事を思い出していた。欧鵬はしつこくまだついてきている。そんな欧鵬を李逵はからかうのだった。

    【第395回】宋江に人殺しという言葉を取り消せと言い募る欧鵬。宋江は、言葉は取り消しても思いは取り消す事はできないと言い返す。

    【第396回】欧鵬は、宋江たちに自分の過去を正直話し、立ち去る。李逵は欧鵬を連れ戻し、連れて行こうと言い出す。

  • 第389回~第392回

    【第389回】梁山泊本隊が到着したことで勝利し、二竜山と桃花山は守られた。その深夜、晁蓋はひとり自らの鬱屈とむかいあっていた。

    【第390回】晁蓋から二竜山と桃花山の総指揮を命令されるも、戸惑う林冲。しかし晁蓋は「楊令のことも頼んだぞ」と言い背をむけ歩き出す。

    【第391回】全国を旅している宋江と武松は、欧鵬という盗賊に遭遇していた。武松の圧倒的な力で、欧鵬は叩きのめされる。

    【第392回】宋江に臆病者と言われた欧鵬は、何も言い返す事ができなかった。立ち去ろうとする宋江達を、欧鵬は追いかける。

  • 第385回~第388回

    【第385回】李富は、役人の不正を止める許定の卓見に感心する。夜明け前、二竜山から火の手が上がる。ついに潜入していた手の者が動いたのだ。

    【第386回】二竜山と桃花山が官軍に攻囲される。楊志亡き後、二竜山の指揮を取る石秀は、敵だけでなく砦内部の動きにも目を光らせていた。

    【第387回】砦に紛れこむ敵の手の者。門を開け、中に官軍を引き入れようとしていた。気づいた石秀は、自らの躰を投げ出し、砦を守り抜く。

    【第388回】櫓の上で石秀の最後を見つめる李富。これまで青蓮寺の執務室で考えていた戦は、戦らしいものであり、戦ではなかったと気づく。

  • 第381回~第384回

    【第381回】石秀は、二竜山の中で何かが始まると懸念していた。一方、林冲や李俊、穆弘、公孫勝らは敵の兵站線を断つことに専念していた。

    【第382回】夜営地で、公孫勝は、穆弘と李俊に、楊志の壮絶な死を語っていた。そして、林冲は死にたがっているように見えるとも言った。

    【第383回】夜明けとともに官軍の総攻撃が始まる、という第一報が入る。林冲、穆弘、李俊、公孫勝はただちに戦闘態勢に入った。

    【第384回】総攻撃を控え、李富が決戦の時を待っていた。二竜山には手の者を送りこんでいる。内側から崩す作戦に、許定将軍は勝機を見ていた。

  • 第377回~第380回

    【第377回】周通は楊志なき不安と闘いながら兵士たちを奮い立たせる。そして自分が倒れた時の指揮官に段景住を指名する。

    【第378回】周通は自分が死んだ際の次の体制を整え、官軍の攻めを凌ぎきる。一方、二竜山も攻囲されていた。

    【第379回】石秀は、二竜山内で、青蓮寺の手先が内部攪乱を狙っていると睨む。そして、その手先を炙り出す機会を狙う。

    【第380回】石秀は、楊令に剣の稽古をつける。一言も発しない楊令の想いを感じた石秀は、自分の剣を楊令に差し出す。

  • 第373回~第376回

    【第373回】二竜山を守り切る為、石秀は蒋敬と手分けし、作戦を練っていく。一方、梁山泊にいる晁蓋は、楊志の死を静かに悼んでいた。

    【第374回】孔明と練兵場に向かった晁蓋は、訓練を行っている杜遷達と合流する。晁蓋は、躰を動かす事で沈んだ気持を拭い去ろうとしていた。

    【第375回】二竜山、桃花山の戦について、緻密に話し合いを行う晁蓋達。梁山泊の主力を向かわせ、林冲に李俊、穆弘の軍を任せる事が決まる。

    【第376回】晁蓋らは、楊志暗殺に内通者がいることを疑う。一方、周通は桃花山の指揮を始め、官軍の攻撃に備える。

  • 第369回~第372回

    【第369回】白嵐をつかい楊令の居所をつきとめた青蓮寺。楊志は、家族を守るために、たったひとりで青蓮寺・王和の軍と死闘を繰り広げる。

    【第370回】全身に矢が突き立った楊志の護衛が戻ってきた。それを見た石秀は馬に乗り、庵目指して全速力で駆け出した。

    【第371回】楊志が、青蓮寺の謀略によって死亡する。石秀は生き残った楊令を連れて帰り、楊志と済仁美の亡骸に対面させる。

    【第372回】楊令を慰めた石秀は、一人、楊志と向かい合う。そこへ周通から伝令が入る。官軍五千が二竜山に向かってきていた。

  • 第365回~第368回

    【第365回】志などないと言う李俊に、俺の場合、志は後からついて来たと楊志は答える。安丘では、梁山泊の密偵の頭、時遷が馬桂と会っていた。

    【第366回】梁山泊の密偵である時遷と対面するも、騙しおおす馬桂。頭の中にあるのは、死んだ夫でも娘でもなく、李富のことだけであった。

    【第367回】済仁美親子の外出日を知る馬桂。そして、その当日。馬桂は、楊令の友である白い犬・白嵐と共にゆっくりと歩き始める。

    【第368回】ひとめにつかない庵で、済仁美と楊令に逢う楊志。穏やかな時間を過ごしていたが、ふいに何かが楊志の五感に触れる。

  • 第361回~第364回

    【第361回】あと十日。楊志の居所を探るよう依頼されていた馬桂は、李富にそう言った。どうやら馬桂は、楊志を尾行する方法を見つけたらしい。

    【第362回】李俊と穆弘が率いる部隊の前に、騎馬隊を引き連れた楊志が現われる。李俊は、騎馬隊の力量を見たいと、楊志に模擬戦を申し込む。

    【第363回】模擬戦で翻弄された李俊と穆弘は、楊志の実力を思い知らされる。二人は、楊志に宋江とはまた違う魅力を感じていた。

    【第364回】安丘の商人、蒋敬が厖大な武器を李俊に引き渡す。部隊の武装もでき、二竜山へ運ぶ手間も省ける、という理由だった。

  • 第357回~第360回

    【第357回】蔣敬の衣装屋に済仁美と馬桂が訪れる。済仁美と親しくする馬桂に、蒋敬は良い印象を持てないでいた。

    【第358回】蒋敬は、二竜山を訪れて、物流の整備を確認する。石秀に話しかけられた蒋敬は、石秀の部屋を訪れる。

    【第359回】蒋敬と石秀は、楊志をはじめ、全てが順調であることを確認する。しかし蒋敬は嫌な予感がぬぐえないでいた。

    【第360回】李富は、楊志暗殺は、二竜山、桃花山打撃のための一部だと自分に言い聞かせながら、馬桂のもとを訪れる。

  • 第353回~第356回

    【第353回】塩の道や禁軍の宿元景について楊志と呉用は話し合う。話を済ませた楊志は、練兵場に降りると公孫勝と晁蓋の姿を見つける。

    【第354回】石秀について話をする楊志達。途中、公孫勝が抜けると、官軍との戦について話が移る。翌朝、楊志は蒋敬を連れ二竜山に向かう。

    【第355回】二竜山に戻った楊志と蒋敬。蒋敬は、二竜山の物資の管理を始める。楊志は久し振りに曹正に会い、楊令と済仁美の近況を聞く。

    【第356回】蔣敬は二竜山の物流の整備と強化にあたる。蒋敬のもとを曹正が訪れ、塩の道と楊志について情報を交わす。

  • 第349回~第352回

    【第349回】梁山泊を出た林冲と安道全が、柴進の屋敷へと到着した。魯智深を見た安道全は、一刻を争う容体であると判断する。

    【第350回】死の淵に一歩踏み出している―安道全は魯智深の容体をそう判断し、左腕を肩から切り落とすことを決意する。

    【第351回】手術を終えた魯智深に皆が喜ぶ。魯智深は鄧飛に感謝の言葉を贈る。安道全は驚異的な回復を見せる魯智深に唖然とする。

    【第352回】回復した魯智深は、林冲の勧めもあって、魯達と改名する。一方、楊志は梁山泊で塩の道を守る清風山について話し合っていた。

  • 第341回~第344回

    【第341回】鄧飛は、女真族に取り入り、営舎の厠の清掃をはじめる。黙々と仕事をこなす鄧飛に、ついに牢屋の清掃が命じられた。

    【第342回】魯智深は、生きていた。歓喜する鄧飛だが、魯智深を繋いでいる鎖を外す方法がない。だが、魯智深は、明日脱獄を決行するという。

    【第343回】魯智深は、鎖に繋がれた左手首を自ら切り落とし、脱獄する。鄧飛は、用意した小舟に魯智深を乗せ、川を下りはじめた。

    【第344回】小舟を捨て、鄧飛と魯智深は陸路を逃げる。魯智深の傷は重く、鄧飛は魯智深を担ぐようにして、ひたすら海をめざした。

  • 第337回~第340回

    【第337回】呉用たち一行は、滄州に到着し、柴進の屋敷で北の賊の情報を得る。呉用は、飲馬川の孟康を紹介される。

    【第338回】飲馬川の山寨に到着した呉用。孟康に梁山泊と組むよう持ちかけ、五百名分の武器を買い集める仕事を与える。

    【第339回】孟康の兄貴分の鄧飛は、女真族のもとに向かった魯智深を追いかけていた。鄧飛は、魯智深の言葉を思い返す。

    【第340回】鄧飛は、幼い頃、母を殺した女を、自分で殺した。そして鎖鎌を得物に盗賊になった過去を思い出す。

定期配信番組の楽しみ方

スマホで楽しむ

商品を購入したらスマホアプリ「FeBe」の本棚に追加されます。
本棚から一度ダウンロードすれば、 オフラインでも再生できます。(アプリの利用には ログインが必要です)

PCで楽しむ

商品を購入したらPCからダウンロードできます。
ダウンロードした音源はiTunesなどの再生ソフトで 聞いたり、CDに入れることも可能です。