定期配信番組

ミヤリサン製薬presents 北方謙三 水滸伝

定期配信番組 北方謙三「水滸伝」

今から約900年前の北宋末期の中国を舞台に、世を糾そうと立ち上がった108人の英雄たちの物語として古くから人気を集めている水滸伝。これを大胆にアレンジし、腐敗した国家に挑む"漢(おとこ)"たちの物語となったのが北方謙三版水滸伝です。

この作品の著者、佐賀県唐津市出身の北方謙三さん、語りで福岡県久留米市出身の石橋凌さんと、北部九州を放送エリアとしたKBCラジオがタッグを組んだ本作品は、横尾まりさん、野島裕史さんという実力派声優、壮大なオリジナルテーマ曲も加わり、「北方版水滸伝」に描かれる"漢"たちの生き様を音声化、リスナーの想像力を刺激する独自の世界観を作り出しています。

著者・北方謙三さん写真

原作

北方謙三

佐賀県唐津市生まれ。
80年代にハードボイルド小説の旗手として人気作家となる。
その後、89年より歴史小説の執筆を開始。
06年、水滸伝で第9回司馬遼太郎賞を受賞。

石橋凌さん写真

語り

石橋凌

福岡県久留米市出身。元ARBのボーカリスト。
82年に映画デビューし、96年にはハリウッド進出。
映画やドラマなど各方面で活躍。
11年にはソロとして音楽活動再開。

出演

  • 横尾まりさん写真
    横尾まり

    東京都出身。
    「戦闘メカ ザブングル」エルチ・カーゴ、「ドラえもん」スネ夫のママ(2代目)など多数作品に出演。

  • 野島裕史さん写真
    野島裕史

    東京都出身。
    『イナズマイレブン』(豪炎寺修也役)、『弱虫ペダル』(石垣光太郎役)、『黒子のバスケ』(伊月俊役)など多数作品に出演。

  • 【原作】 北方謙三 水滸伝(集英社文庫刊)
  • 【音楽】 森正明 ♪オープニング「朽ちざる誉」(くちざるほまれ) ♪エンディング「夢し漢よ」(ゆめしおとこよ)
  • 【脚本】 高橋良育/源祥子/大森信幸/田中摂
  • 【制作】 九州朝日放送/スバルプランニング

毎週水・金曜日の2度配信!月額540円※初月無料

  • サンプルを聴く
  • ※FeBeではクレジットカードのほか、docomo・ソフトバンクの決済でもご購入いただけます。
  • ※登録の翌月より月額540円の料金が発生します。
    また、以前に購読していたことのある方が、改めて購読する場合には
    初月無料キャンペーンの対象とはならないため、ご注意ください。
  • ※継続課金ですので、購読停止をされない場合、自動で継続される事となります。
  • ※退会後、同月内であれば再登録時に別途費用はかかりません。

まとめて楽しみたい方はこちら!

過去の配信分のアーカイブも配信中です。
過去配信分をまとめて聴きたいという方は、ぜひこちらをご利用ください!

  • 商品詳細ページへ
    • 価格:1,728円
    • 出版社: 集英社
    • 著者: 北方謙三
    • 朗読: 石橋凌、横尾まり、野島裕史
    • 再生時間:11時間33分
    サンプルを再生する
  • 商品詳細ページへ
    • 価格:1,728円
    • 出版社: 集英社
    • 著者: 北方謙三
    • 朗読: 石橋凌、横尾まり、野島裕史
    • 再生時間:9時間45分
    サンプルを再生する
サイン入りポスターサンプル画像

購入者プレゼント

10月31日23:59までに定期配信番組 「水滸伝」を購読して、応募いただいた方から抽選で3名様に著者・出演者のサイン入りポスターをプレゼント!

応募期間は終了しました。
沢山のご応募ありがとうございました。

あらすじ(最新1か月分のあらすじをご紹介します)

  • 第293回~第296回

    【第293回】語り合う宋江と戴宗は、魯智深の行方を心配する。

    【第294回】李富から宋江の捕縛を命じられた黄文炳は、資料を調べるうち、飛脚屋の戴宗に目をつけた。早速、手の者に指示を出す。

    【第295回】蔡京の息子であり、江州の新たな知府である蔡徳章を迎える黄文炳。挨拶を済ませると青蓮寺の使者から梁山泊の近況を聞く。

    【第296回】李富は、楊志を消すために李文鎮に入った。李富は、使者から水上の盗賊が課題であることを聞かされる。

  • 第289回~第292回

    【第289回】州副知事の黄文炳。この男を見るたびに薄気味の悪さを感じる戴宗は、その動向に常に眼を光らせていた。

    【第290回】宋江、武松、李逵が江州に入った。宿となる料理屋の二階で、戴宗は久しぶりに宋江と対面を果す。

    【第291回】戴宗の仲間と顔を合わせる宋江達だったが、李逵と

    【第292回】李逵と張順の喧嘩が終り、互いの絆が深まる。皆と賑やかな酒宴を終え、宋江は久しぶりに戴宗と二人だけで言葉を交わす。

  • 第285回~第288回

    【第285回】死闘の末、李逵と武松は二頭の虎を倒す。李逵は仕留めた虎の腹を裂き、母の腹を取り戻そうとするが、宋江と武松が諌(いさ)める。

    【第286回】火を熾し、倒した虎の肉を焼く武松。「こういう肉さえ食えずに何が世直しか」。理由もなくそう思い、宋江は肉に食らいつく。

    【第287回】宋江と武松が江州へと出発を決めた、その夜明け。歩き始める二人の後ろを、付いてくる者がいる―。李逵だった。

    【第288回】牢役人でありながらも、飛脚屋を営む戴宗。宋江を無事江州へ迎え入れるために、その準備に奔走していた。

  • 第281回~第284回

    【第281回】梁山泊に入った楊志は、断金亭で様々な男たちと酒を酌み交わす。そして林冲と志についてお互いの思いを語りあった。

    【第282回】望江郊外に潜伏していた宋江のもとに、李逵が返礼をもって現われる。虎が出たと聞いて、宋江と武松は李逵を促し、急いで山に入る。

    【第283回】武松と宋江は、腹を抉られた李逵の母の無残な姿を発見する。虎に襲われたのだ。李逵の哀しみの遠吠えが山に谺(こだま)した。

    【第284回】宋江たちの前に、李逵の母を襲った二頭の虎が現われる。虎と対決する李逵と武松。宋江はそれを見守るしかなかった。

  • 第277回~第280回

    【第277回】袁明、李富、呉達、蒼英は、二竜山、桃花山の攻略策を立てる。袁明は、すべては塩の道だと口にする。

    【第278回】李富は、袁明から馬桂をつかって、楊志を消せという命令を下される。李富は、馬桂のもとへ向かう。

    【第279回】楊志は、鍛え抜いた騎馬隊二百、歩兵八百を梁山泊に合流させるため、『替天行道』の旗を掲げて、出発する。

    【第280回】楊志率いる一千の兵が梁山泊に合流した。青蓮寺を警戒する晁蓋は、二竜山、桃花山を強化しようと言う。

  • 第273回~第276回

    【第273回】砦から出て闘う李俊は、喧嘩で培った間合いで官軍を翻弄する。そこへ穆弘の掩護も入り、李俊は官軍に見事勝利する。

    【第274回】宋江は江州から離れた湖のそばに滞在していた。そこへ穆春がやってくる。宋江は釣りをしながら穆春と兄弟について語り合う。

    【第275回】穆春と釣りを楽しむ宋江は、一匹の大物を釣り上げる。しかし、不意に現れた黒旋風の李逵と呼ばれる男に、魚を取られてしまう。

    【第276回】宋江のもとに馬桂が働く気になったという知らせがくる。一方、李富は、南で起きた叛乱を、袁明に報告する。

  • 第269回~第272回

    【第269回】李俊と本音で語り合った宋江は、翌朝屋敷を出立する。その後李俊は屋敷に引きこもり、自分が進むべき道について考える。

    【第270回】叛乱を起こし、山に籠る決意を固めた李俊。李立、童威、童猛の三人の弟分に、その熱い胸の内を語る。

    【第271回】互いの胸中を明かす李俊と穆弘。叛乱の為の砦を築いた李俊は、再びやってきた穆弘の言葉をきっかけに替天行道の旗を掲げる。

    【第272回】砦を築いた李俊の元に、穆春が武器を運んでくる。

  • 第265回~第268回

    【第265回】闇塩の取引は、罠だった。だが見抜いていた李俊は、裏をかき出し抜いた。困る役人に、お互いのためにと賄賂を渡す李俊だった。

    【第266回】塩の密売を生業とする李俊。塩賊を追う役人によって罠にかけられるが、賄賂を渡すことで、その場を切り抜ける。

    【第267回】武松が、公淑のために山から欅の幼木を運んできた。

    【第268回】宋江は李俊の屋敷に滞在しながらも、密偵である時遷や梁山泊の使いの者を通して、常に様々な情報を掴んでいた。

  • 第261回~第264回

    【第261回】武松が追手を難なく撃退するのを見た李俊は、宋江に自分の屋敷に来いと誘う。だが李俊自身はまだ、梁山泊を盗賊と軽んじていた。

    【第262回】梁山泊に対する考え方に隔たりを感じつつも、宋江は李俊の屋敷に世話になる。そこには、気の触れた女がいた。

    【第263回】李俊の屋敷で、宋江は気の触れた女(公淑)を慰める。李俊は、童威と童猛の兄弟に、宋江たちを逃がす陽動作戦を指示する。

    【第264回】武松に問われ、宋江は人の悲しみが見えると答える。そして武松の悲しみも見えていると。一方、李俊は闇塩に思いを巡らせていた。

  • 第257回~第260回

    【第257回】袁明のもとに集まった李富、呉達、何恭、蒼英。梁山泊の動きを分析し、鄆城の解放を防ぐよう戦略立てる。

    【第258回】青蓮寺での会議に疲れ果てた李富は、馬桂のもとに向かう。李富は、次第に馬桂に心を開いていた。

    【第259回】李富は馬桂に、梁山泊の賊がいかに悪しき賊かを語る。そして疲れ果てた身を、馬桂に癒してもらう。

    【第260回】塩の商人となった李俊は、弟分で飯屋を営む李立から、人相書が回る宋江と武松が店に来たことを聞く。

  • 第253回~第256回

    【第253回】久しぶりに再会する安道全と林冲。一方、青蓮寺の袁明は、部下から王和の軍と致死軍の衝突について、報告を受ける。

    【第254回】袁明は、洪清と話をしながら、己の考えをみつめる。梁山泊を潰す。その為には馬桂の懐柔が肝要。袁明は李富を呼ぶ。

    【第255回】己の剣を作るため、晁蓋は湯隆から鍛冶を教わる。熱せられた鉄の塊を打ちながら、晁蓋は志という思いをこめる。

    【第256回】晁蓋は湯隆との絆を深める。剣を打ち、己に向き合った晁蓋は、磨きあがった剣を見て、ついに肚を決める。

  • 第249回~第252回

    【第249回】安道全が欲しがっているのは、針ではなく、人の躰に刺す鍼というものであるらしい。湯隆は、白勝からそう教えられる。

    【第250回】湯隆は安道全の望んだ鍼を完成させた。それと同時に、これまで鉄とだけ気持ちを通い合わせてきた湯隆の心にも変化が起きる。

    【第251回】呉用の体に鍼を打つ安道全。その夜、珍しく白勝らと食事を共にする事になり、湯隆から鍼について質問を受ける。

    【第252回】忙しくも平穏な時を過ごす安道全の所へ、戦で怪我を負った兵士達が運ばれる。安道全は林冲と公孫勝の言い合いを目にする。

  • 第245回~第248回

    【第245回】宋江を引き渡せと、穆家村に兵百名を連れて役人が来る。鍾静の密告だった。だが、頑として突っぱねる穆春だった。

    【第246回】宋江を捕えに、役人と百人の兵が出動する―。その情報を聞いた穆弘と穆春兄弟は、宋江と武松を屋敷の櫓にかくまった。

    【第247回】穆弘の怒り、村人達の訴え、そして穆紹の機転により役人達は去って行った。出立の朝、武松は穆弘に「替天行道」を渡す。

    【第248回】湯隆は、梁山泊の鍛冶場をまかされている。槍や戟などの武器の他に、安道全から依頼された針や刃物も作っていた。

  • 第241回~第244回

    【第241回】穆春は、宋江と武松を穆家村に案内した。出迎えた穆弘は宋江に、叛乱を企てた男だという手配書を見たと言った。

    【第242回】穆家村に招かれた宋江は、村の長・穆紹と親しく語り合う。そして穆弘、穆春の兄弟には志が欠けていると思う。

    【第243回】穆弘は、兄の死を契機に生じた、父への複雑な思いを語る。宋江は穆弘の内なる衝動を、どう志に繋げればいいのかと思案する。

    【第244回】深夜、宋江の部屋に、探索方の頭、時遷が忍び込み、梁山泊の現状や青蓮寺のこと、馬桂の動向など、多岐にわたり報告する。

  • 第237回~第240回

    【第237回】宋江と武松は、鍾静のもとにきた男たちに襲われそうになる。武松が男たちを倒したところへ、鍾静が現れる。

    【第238回】宋江と武松は、隣村の穆春から鍾静が博奕のかたに水を賭けて負けたことで、水が止められたことを知る。

    【第239回】村人たちが堰を毀した。博奕で水をかたにしていた保正である鍾静のもとに、穆春の兄、穆弘がやってくる。

    【第240回】穆春の兄、穆弘が証文をもって鍾静のもとを訪れる。穆弘の声に共感した村人たちが鍾静を追放する。

  • 第233回~第236回

    【第233回】雷横は志英を斬り、軍の追手から逃れる事に成功する。一方、青蓮寺の李富は馬桂を引きこむ目論見を考えていた。

    【第234回】馬桂の件で袁明に指示を仰ぐ李富は、馬桂の懐柔を指示される。李富は、部屋に戻り部下から梁山泊についての報告を受ける。

    【第235回】部下からの報告を受けた李富は、馬桂の元へ伺い、男女の関係を求める。しかし、馬桂は自分を抱けるのかと反論する。

    【第236回】宋江と武松は、小さな村の保正、鍾静の家に泊まり、村人たちが水を止めている堰を毀しに行ったと聞く。

  • 第229回~第232回

    【第229回】娘の閻婆惜の死について唐牛児から詳細を聞き、激しく動揺する馬桂。しかしそれらは全て李富による捏造だった。

    【第230回】唐牛児が殺された。その現場で馬桂は、李富と出会う。

    【第231回】元部下の柏世から捕縛の恐れを知った雷横は共に軍営を飛び出した。しかし、まだ油断はならなかった。

    【第232回】志英が率いる軍に囲まれ、雷横と柏世は窮地に陥る。そんな中、柏世が志英に殺される。雷横は怒りの雄叫びをあげた。

  • 第225回~第228回

    【第225回】宋江や朱仝の逃亡をいち早く察知した青蓮寺は、李富を鄆城へ派遣する。李富は雷横を訊問し、宋江の背後にあるものを垣間見た。

    【第226回】閻婆惜殺しの下手人となり、追われる身となった宋江。李富は、宋江の使用人である唐牛児を拘束し、特殊な訊問を行っていた。

    【第227回】李富の画策で、唐牛児の記憶は全て異なる物に作りあげられた。さらに李富は、閻婆惜の母・馬桂を利用する為にその到着を待つ。

    【第228回】娘の婆惜が宋江に殺されたことを、馬桂はどうしても信じられずにいた。真実を知る為に、鄆城の役所を訪れる。

  • 第221回~第224回

    【第221回】武松の拳により、生きる気力を取り戻した宋清。宋江は朱仝に宋清を託し、武松とともに長い旅に出る。

    【第222回】宋江探索から鄆城へ戻った雷横は、隊長の志英から訊問される。かたわらには、開封府から来た男たちがいた。

    【第223回】雷横の前に、青蓮寺の李富が現われ訊問する。李富は『替天行道』を突きつけ、雷横を追い詰めていく。

    【第224回】宋江の事件が国家の重大事として捉えられていることを知る雷横。その夜、元部下が雷横に、逃げるなら手引きをすると言ってきた。

  • 第217回~第220回

    【第217回】宋清が宋江の元に戻った。宋清がトウ礼華のもとに向かうや、武松が何かを企んでいると思われる唐牛児を捕まえた。

    【第218回】唐牛児の嘘で悲劇が起きた。閻婆惜が宋江とトウ礼華の間を誤解してトウ礼華を殺害。それを見た宋清が閻婆惜をも殺したのだ。

    【第219回】役人を倒し、武松に連れられ、林に逃げ込んだ宋江と宋清。後を追ってきた朱仝の案内で三人は丘の小屋に身を置く。

    【第220回】朱仝は軍を放棄し、宋清と旅する決心をする。一方、武松は無力感に陥った宋清を叩き、死に逃げようとする甘さを伝える。

  • 第213回~第216回

    【第213回】密州にやってきた李富と王和は、密州の軍の腐敗を目にする。李富は、軍全体を引き締める為、王和に安丘の軍の虐殺を命じる。

    【第214回】李富の命令通り、安丘の街を恐怖に陥れた王和の軍。虐殺を終え、李富と王和は今後の梁山泊について話し合う。

    【第215回】街の混乱を見届けた李富と王和は次なる一手を打つ為、開封府に戻る。一方、宋江はトウ礼華について閻婆惜と揉める。

    【第216回】宋江のもとに時遷が来る。安丘の城郭で、守備兵半数らが、わずか一刻の間に青蓮寺の手の者らしき者に殺されたのだ。

  • 第209回~第212回

    【第209回】宋江の家を訪れる朱仝。宋江が留守の時には、武松を相手にして、自分の胸のうちを語ることが習慣となっていた。

    【第210回】志を持ちながらも官軍にいる矛盾。朱仝のあせりは、武松と語る事で紛らわされていく。一方、桃花山は官軍に囲まれていた。

    【第211回】五千の官軍を追い払った楊志達。皆で祝杯をあげる中、楊志は曹正に促され、済仁美と楊令に会う為、安丘の街へ向かう。

    【第212回】済仁美と楊令に会い、幸福な時を過ごす楊志。一方、青蓮寺の李富と王和は、密州を旅しながら、国の腐敗について考える。

  • 第205回~第208回

    【第205回】鄆城に戻った武松は宋江の従者となった。一方、楊志は二竜山の兵を鍛えあげ、いま少し梁山泊の動きを見定めようと考えていた。

    【第206回】二竜山の兵糧が僅かとなる。「兵を飢えさせる事はできない」と、楊志は官軍の輸送隊を襲う事を決意し、その策を練る。

    【第207回】官軍の輸送隊を襲う楊志と石秀の部隊。久しぶりに戦の指揮をした楊志は、自分の躰の中に熱い血が駆け回るのを感じる。

    【第208回】孔明が指揮をする桃花山の助けもあり、勝利を収めた二竜山。奪った物資の中身は、兵糧に隠された大量の銀であった。

  • 第201回~第204回

    【第201回】青蓮寺の密偵は自害した。武松と孔明は、捕えた周通を引き連れ桃花山に入る。頭領の李忠は、民に恥じることはないと抗弁する。

    【第202回】武松に棒で挑み惨敗した李忠は、闘い方がわからぬ我らがどうやって官軍と闘えばいいのだ、と武松に迫った。

    【第203回】桃花山の調練を孔明に任せ、北京大名府へ入った武松は、曹正の店に身を寄せ、盧俊義の帰りを待った。

    【第204回】武松は、盧俊義、公孫勝、燕青と初めて会う。盧俊義は武松に、今後はいま以上に宋江の力が重要になってくる、と言った。

定期配信番組の楽しみ方

スマホで楽しむ

商品を購入したらスマホアプリ「FeBe」の本棚に追加されます。
本棚から一度ダウンロードすれば、 オフラインでも再生できます。(アプリの利用には ログインが必要です)

PCで楽しむ

商品を購入したらPCからダウンロードできます。
ダウンロードした音源はiTunesなどの再生ソフトで 聞いたり、CDに入れることも可能です。