定期配信番組

ミヤリサン製薬presents 北方謙三 水滸伝

定期配信番組 北方謙三「水滸伝」

今から約900年前の北宋末期の中国を舞台に、世を糾そうと立ち上がった108人の英雄たちの物語として古くから人気を集めている水滸伝。これを大胆にアレンジし、腐敗した国家に挑む"漢(おとこ)"たちの物語となったのが北方謙三版水滸伝です。

この作品の著者、佐賀県唐津市出身の北方謙三さん、語りで福岡県久留米市出身の石橋凌さんと、北部九州を放送エリアとしたKBCラジオがタッグを組んだ本作品は、横尾まりさん、野島裕史さんという実力派声優、壮大なオリジナルテーマ曲も加わり、「北方版水滸伝」に描かれる"漢"たちの生き様を音声化、リスナーの想像力を刺激する独自の世界観を作り出しています。

著者・北方謙三さん写真

原作

北方謙三

佐賀県唐津市生まれ。
80年代にハードボイルド小説の旗手として人気作家となる。
その後、89年より歴史小説の執筆を開始。
06年、水滸伝で第9回司馬遼太郎賞を受賞。

石橋凌さん写真

語り

石橋凌

福岡県久留米市出身。元ARBのボーカリスト。
82年に映画デビューし、96年にはハリウッド進出。
映画やドラマなど各方面で活躍。
11年にはソロとして音楽活動再開。

出演

  • 横尾まりさん写真
    横尾まり

    東京都出身。
    「戦闘メカ ザブングル」エルチ・カーゴ、「ドラえもん」スネ夫のママ(2代目)など多数作品に出演。

  • 野島裕史さん写真
    野島裕史

    東京都出身。
    『イナズマイレブン』(豪炎寺修也役)、『弱虫ペダル』(石垣光太郎役)、『黒子のバスケ』(伊月俊役)など多数作品に出演。

  • 【原作】 北方謙三 水滸伝(集英社文庫刊)
  • 【音楽】 森正明 ♪オープニング「朽ちざる誉」(くちざるほまれ) ♪エンディング「夢し漢よ」(ゆめしおとこよ)
  • 【脚本】 高橋良育/源祥子/大森信幸/田中摂
  • 【制作】 九州朝日放送/スバルプランニング

毎週水・金曜日の2度配信!月額540円※初月無料

  • サンプルを聴く
  • ※FeBeではクレジットカードのほか、docomo・ソフトバンクの決済でもご購入いただけます。
  • ※登録の翌月より月額540円の料金が発生します。
    また、以前に購読していたことのある方が、改めて購読する場合には
    初月無料キャンペーンの対象とはならないため、ご注意ください。
  • ※継続課金ですので、購読停止をされない場合、自動で継続される事となります。
  • ※退会後、同月内であれば再登録時に別途費用はかかりません。

過去の配信分は個別にご購入いただけます。

過去配信分のアーカイブはこちら

サイン入りポスターサンプル画像

購入者プレゼント

10月31日23:59までに定期配信番組 「水滸伝」を購読して、応募いただいた方から抽選で3名様に著者・出演者のサイン入りポスターをプレゼント!

応募期間は終了しました。
沢山のご応募ありがとうございました。

あらすじ(最新1か月分のあらすじをご紹介します)

  • 第225回~第228回

    【第225回】宋江や朱仝の逃亡をいち早く察知した青蓮寺は、李富を鄆城へ派遣する。李富は雷横を訊問し、宋江の背後にあるものを垣間見た。

    【第226回】閻婆惜殺しの下手人となり、追われる身となった宋江。李富は、宋江の使用人である唐牛児を拘束し、特殊な訊問を行っていた。

    【第227回】李富の画策で、唐牛児の記憶は全て異なる物に作りあげられた。さらに李富は、閻婆惜の母・馬桂を利用する為にその到着を待つ。

    【第228回】娘の婆惜が宋江に殺されたことを、馬桂はどうしても信じられずにいた。真実を知る為に、鄆城の役所を訪れる。

  • 第221回~第224回

    【第221回】武松の拳により、生きる気力を取り戻した宋清。宋江は朱仝に宋清を託し、武松とともに長い旅に出る。

    【第222回】宋江探索から鄆城へ戻った雷横は、隊長の志英から訊問される。かたわらには、開封府から来た男たちがいた。

    【第223回】雷横の前に、青蓮寺の李富が現われ訊問する。李富は『替天行道』を突きつけ、雷横を追い詰めていく。

    【第224回】宋江の事件が国家の重大事として捉えられていることを知る雷横。その夜、元部下が雷横に、逃げるなら手引きをすると言ってきた。

  • 第217回~第220回

    【第217回】宋清が宋江の元に戻った。宋清がトウ礼華のもとに向かうや、武松が何かを企んでいると思われる唐牛児を捕まえた。

    【第218回】唐牛児の嘘で悲劇が起きた。閻婆惜が宋江とトウ礼華の間を誤解してトウ礼華を殺害。それを見た宋清が閻婆惜をも殺したのだ。

    【第219回】役人を倒し、武松に連れられ、林に逃げ込んだ宋江と宋清。後を追ってきた朱仝の案内で三人は丘の小屋に身を置く。

    【第220回】朱仝は軍を放棄し、宋清と旅する決心をする。一方、武松は無力感に陥った宋清を叩き、死に逃げようとする甘さを伝える。

  • 第213回~第216回

    【第213回】密州にやってきた李富と王和は、密州の軍の腐敗を目にする。李富は、軍全体を引き締める為、王和に安丘の軍の虐殺を命じる。

    【第214回】李富の命令通り、安丘の街を恐怖に陥れた王和の軍。虐殺を終え、李富と王和は今後の梁山泊について話し合う。

    【第215回】街の混乱を見届けた李富と王和は次なる一手を打つ為、開封府に戻る。一方、宋江はトウ礼華について閻婆惜と揉める。

    【第216回】宋江のもとに時遷が来る。安丘の城郭で、守備兵半数らが、わずか一刻の間に青蓮寺の手の者らしき者に殺されたのだ。

  • 第209回~第212回

    【第209回】宋江の家を訪れる朱仝。宋江が留守の時には、武松を相手にして、自分の胸のうちを語ることが習慣となっていた。

    【第210回】志を持ちながらも官軍にいる矛盾。朱仝のあせりは、武松と語る事で紛らわされていく。一方、桃花山は官軍に囲まれていた。

    【第211回】五千の官軍を追い払った楊志達。皆で祝杯をあげる中、楊志は曹正に促され、済仁美と楊令に会う為、安丘の街へ向かう。

    【第212回】済仁美と楊令に会い、幸福な時を過ごす楊志。一方、青蓮寺の李富と王和は、密州を旅しながら、国の腐敗について考える。

  • 第205回~第208回

    【第205回】鄆城に戻った武松は宋江の従者となった。一方、楊志は二竜山の兵を鍛えあげ、いま少し梁山泊の動きを見定めようと考えていた。

    【第206回】二竜山の兵糧が僅かとなる。「兵を飢えさせる事はできない」と、楊志は官軍の輸送隊を襲う事を決意し、その策を練る。

    【第207回】官軍の輸送隊を襲う楊志と石秀の部隊。久しぶりに戦の指揮をした楊志は、自分の躰の中に熱い血が駆け回るのを感じる。

    【第208回】孔明が指揮をする桃花山の助けもあり、勝利を収めた二竜山。奪った物資の中身は、兵糧に隠された大量の銀であった。

  • 第201回~第204回

    【第201回】青蓮寺の密偵は自害した。武松と孔明は、捕えた周通を引き連れ桃花山に入る。頭領の李忠は、民に恥じることはないと抗弁する。

    【第202回】武松に棒で挑み惨敗した李忠は、闘い方がわからぬ我らがどうやって官軍と闘えばいいのだ、と武松に迫った。

    【第203回】桃花山の調練を孔明に任せ、北京大名府へ入った武松は、曹正の店に身を寄せ、盧俊義の帰りを待った。

    【第204回】武松は、盧俊義、公孫勝、燕青と初めて会う。盧俊義は武松に、今後はいま以上に宋江の力が重要になってくる、と言った。

  • 第197回~第200回

    【第197回】魯智深は、武松に北の遼に行くことを告げ、ふたりは別れる。一方、孔明は安丘にある曹正の女郎屋に来ていた。

    【第198回】孔明は、店を仕切る済仁美にしつこく付きまとい、店で暴れるという男を探りに来ていた。翌日、店に男が現れる。

    【第199回】武松と孔明は、店で暴れていた男、桃花山の周通を突き止めた。二人は、周通の背後に何かがあることを感じ取る。

    【第200回】武松は周通と一緒にいた男を引き離す。孔明は、花栄が対策に悩んでいる桃花山について、周通から聞き出す。

  • 第193回~第196回

    【第193回】王進の母と言葉を交わす史進。その後、王進と武松、鮑旭が姿を現す。三人の見違える姿を目にし、魯智深は、ほっと胸を撫で下ろす。

    【第194回】武松、王進と棒を交えた史進は、己の弱さを実感する。再び王進の元で学びたいと願い出る史進を、王進は快く引き受ける。

    【第195回】子午山をあとにした武松は、魯智深と共に旅を再開する。道中、武松は子午山で過ごした日々を、思い返す。

    【第196回】魯智深は、武松に大きく変わった世の動きを語った。そして、武松を潘金蓮の住んでいた家に連れていく。

  • 第189回~第192回

    【第189回】強さを誇り、弱い者の気持ちを分かろうとしない史進。史進の今後を案じた魯智深は、朱武に「史進を連れて行く」と話す。

    【第190回】王進に会うために、嬉々として山を降りる史進。朱武は、史進が戻ることを信じて、陳達、楊春とともに少華山を守る決意をする。

    【第191回】史進が旅立ち、改めて史進の存在の大きさに気づく朱武、陳達、楊春。史進が再び戻る時が来るまで、砦を強固に築こうと決意する。

    【第192回】少華山の砦を強化する朱武、陳達、楊春。一方、史進は、魯智深と共に子午山に向かい、久し振りに王進の母と再会する。

  • 第185回~第188回

    【第185回】魯智深は、強さにこだわる史進を心配する。そんな魯智深に朱武は、史進は大事なものを見失ってしまった、と告げる。

    【第186回】少華山での宴の後、二人きりで語る魯智深と朱武。「史進は何か大切なものを見失ってしまった」と、朱武が話し始める。

    【第187回】少華山と官軍との戦が始まる。官軍の部隊が迫る中、朱武はついに合図を送った。山全体に罠が張り巡らされていたのである。

    【第188回】張り巡らせた罠と、史進の騎馬隊の活躍で、少華山は大勝を収める。八千もの官軍を、四百人でうち払ったのだった。

  • 第181回~第184回

    【第181回】宋清は、朝稽古をする宋江を見て、兄が変りはじめたと感じる。そして、やはりトウ礼華とのことを話さなければと決意する。

    【第182回】宋江は、弟の宋清から心の内をすべて語って欲しいと迫られる。だが、それを話せば弟をそこに引きこむことになる、と悩む。

    【第183回】朝まで話し合い、宋江は弟を同志たり得ると確信する。そして、トウ礼華への気持を理解した宋江は、宋清にひと月待てと言う。

    【第184回】少華山に入った魯智深は、史進の変貌ぶりが気になった。一方、官軍は少華山を殲滅せんと大軍団を集結させていた。

  • 第177回~第180回

    【第177回】宋江はトウ礼華を妾として匿う。しかし、宋清とトウ礼華が想いあっていることに悩みながらも、宋清と語り合う。

    【第178回】宋清は宋江の説得により、トウ礼華のもとへと向かう。一方、官軍では李富が魯智深の存在に感づきはじめていた。

    【第179回】梁山泊を中心とした叛乱の蠢きを感じた李富は、呉達を訪れる。ふたりは互いの情報から宋江たちの動きを探る。

    【第180回】李富と呉達は、国の体制の綻びを憂える。一方、梁山泊では、宋清がトウ礼華と結ばれ、新たな道を歩もうとする。

  • 第173回~第176回

    【第173回】阮小五との話し合いを滞りなく終えた呉用だったが、拷問をした際に生じた、寄る辺のない気持を紛らわす為、晁蓋の元へ訪れる。

    【第174回】宋清は、トウ礼華という女に「旅の連れにしていただけないか」と頼まれる。了承した宋清は、夫婦と偽って役人の目をかわす。

    【第175回】鄆城まで一緒に旅をする約束を交わした宋清とトウ礼華。宋清はトウ礼華と話をしながら、鄆城にいる兄、宋江について思いを馳せる。

    【第176回】梁山泊は着々とひとつの国として整いはじめた。宋江のもとには、宋清が塩の道を確認させているトウ礼華を連れてくる。

  • 第169回~第172回

    【第169回】青蓮寺では袁明が、呉達、李富、蒼英、何恭を召集し、梁山泊の動向、そしてその脅威について会議を行なっていた。

    【第170回】梁山泊が掲げる、替天行道の旗が持つ意味。そこに眼をつけた袁明は、梁山泊を潰すための策を呉達、李富、蒼英、何恭に伝える。

    【第171回】梁山泊に潜んでいた青蓮寺の密偵を一人残らず殲滅した呉用と公孫勝は、戦場で必要な軍師について話し合う。

    【第172回】呉用は、裴宣と一緒に梁山泊におけるそれぞれの序列を決める。次に阮小五を呼び、今後の戦の方針について話し始める。

  • 第165回~第168回

    【第165回】二竜山に入った石秀たちの中に孔明の姿を認め、殺気立つ楊志。孔明に反論され、自らの存在の意味を問う楊志だった。

    【第166回】こんなにもうまく物事が進んでいいものだろうか―。

    【第167回】何日も部屋に籠り書物を読みあさっている様子の晁蓋。「今、どれほどの力があるのか」と、訪れた呉用に問う。

    【第168回】自分の心の内にある恐れを、晁蓋にむかって全て吐き出す呉用。晁蓋は、自分も同じだ、と呉用に告げる。

  • 第161回~第164回

    【第161回】青蓮寺では、二竜山の首領となった楊志が話題に出た。一方、致死軍の石秀は新しい国を作るために死を賭して闘う決意をする。

    【第162回】致死軍は、青蓮寺の間者、五百人を殲滅する。だが部下を失った石秀は、彼らを殺したのはおまえだ、と公孫勝から糾弾される。

    【第163回】致死軍を去れ。己の甘さから部下を失った石秀を公孫勝は責めた。そして二竜山へ行き、楊志を補佐せよ、と命じた。

    【第164回】穀物倉を襲い民に解放して回る石秀たちは、思惑通り官軍に追われ、二竜山に逃げ込む。その石秀たちを、楊志は賊徒と呼んだ。

  • 第157回~第160回

    【第157回】盧俊義から塩の道の状況を聞き出した石秀。船を襲う者たちの正体をつきとめ倒すべく、石秀率いる兵達が実行に移す。

    【第158回】石秀率いる大隊は、船を襲う者たちを殺す。石秀はその正体を訊きだし、盧俊義、そして公孫勝と晁蓋に報告に向かう。

    【第159回】晁蓋らに塩賊を倒したことを報告し、石秀は再び訓練に戻る。一方、青蓮寺の袁明らは梁山泊の正体について密談する。

    【第160回】官軍の宰相、蔡京は生辰綱を奪われ、兵が護衛しきれないことを怒る。袁明、李富、呉達と情報を集める。

  • 第153回~第156回

    【第153回】賊徒を見事制圧した楊志達。楊志は魯智深から半ば強引に砦の首領にさせられる。己が何を為すべきか、楊志は自分を見つめる。

    【第154回】二竜山に拠って立ち、反旗の旗を掲げた楊志。一方、

    【第155回】公孫勝に命じられ、北京大名府を訪れた石秀。早速、盧俊義と会い、闇塩を探ろうとする不穏な刺客を殲滅する為、話し合う。

    【第156回】塩の道を守るため、北京大名府に向かい、盧俊義と会った石秀と大隊。船を襲う何者の正体をつきとめるべく策を講じる。

  • 第149回~第152回

    【第149回】二竜山の盗賊を斬り、追い払った楊志と魯智深。楊志は、両親を賊に殺された幼い子供を見つけ、胸に抱きかかえて連れ帰る。

    【第150回】二竜山の砦を落とすこと決意する楊志と魯智深。二千の官軍でも落とせなかった要塞を、二人で落とすための策を練る。

    【第151回】二竜山の賊徒を退治する為、準備を進める楊志、魯

    【第152回】砦の中に難なく入る事ができた楊志達。賊徒の首領である鄧竜を見事、斬り殺した楊志は、魯智深と共に鬼神のように暴れ回った。

  • 第145回~第148回

    【第145回】曹正は楊志に立合いを求めるが、まるで次元が違うことを痛感する。深夜、酒を酌み交わし楊志の悩みの深さを知る曹正だった。

    【第146回】軍人でなくなり、今や追われる身となった楊志。曹正の館で、これまでの生き様、そして「替天行道」について考えていた。

    【第147回】盧俊義の紹介で、曹正の館に滞在する楊志。少しずつ曹正に心を開き始めた楊志は、初めて友情というものを意識する。

    【第148回】安丘から十里ほど離れた村が、二竜山の盗賊に襲われている―。その情報を掴んだ魯智深は、楊志と共に村へと向かった。

  • 第141回~第144回

    【第141回】梁山泊は文治省が設(もう)けられるなど、急速に体制を整えつつあった。ある日、林冲を訪ね、騎馬隊の牧に魯智深が現われた。

    【第142回】鄆城へ急ぐ林冲と魯智深、手前の街道で宋江が待っていた。驚く林冲に宋江は、おまえは私を待たせる資格がある、と言った。

    【第143回】兄が殺されたのを機に、権力と闘う決心をした曹正。いまは、盧俊義のために闇の塩に対する探索の情報を集めている。

    【第144回】曹正の店に魯智深が来て、楊志の志は我らの志にも重なると言った。彼らは、その楊志を巻き込み二竜山を奪(と)ろうとしていた。

  • 第137回~第140回

    【第137回】山寨内に引き返した王倫は、晁蓋らを追い返すため、彼らを受け入れるべきでないと、宋方らに説得する。

    【第138回】林冲が王倫を倒し、晃蓋たちはついに梁山湖の山寨を手に入れた。晁蓋は頭領となり兵たちに演説する。

    【第139回】公孫勝とはじめて会った林冲。二人は己のこれまでの戦い方、梁山泊が向かう道について語り合う。

    【第140回】晁蓋の指示により、『替天行道』と書かれた旗が梁山泊に掲げられる。一方、宋方は自身を鍛えなおす。

定期配信番組の楽しみ方

スマホで楽しむ

商品を購入したらスマホアプリ「FeBe」の本棚に追加されます。
本棚から一度ダウンロードすれば、 オフラインでも再生できます。(アプリの利用には ログインが必要です)

PCで楽しむ

商品を購入したらPCからダウンロードできます。
ダウンロードした音源はiTunesなどの再生ソフトで 聞いたり、CDに入れることも可能です。