魯迅 「狂人日記」

[ この本のオーディオブック情報 ]

  • 著者

  • 価格

    103円
  • ナレーター

  • 再生時間

    0時間36分
  • 出版社

    パンローリング
  • 配信日

    2012/09/10
  • 分割ファイル

    2個
  • ファイル容量

    33.7MB
  • 付属資料

    なし

作品紹介

1918年に魯迅によって発表された処女作となる短編小説。

魯迅は、狂人の日記という形で、当時の中国の封建社会を「人が人を食べる」社会であると批判した。

大病を患ったという友人の弟。
訪ねてみると、すでに全快して赴任しているといい、兄から病中に書かれたという日記を渡された。

内容は支離滅裂ででたらめのようであり、被害妄想狂の類であると見えた。

犬の視線から逃れられないでいる。
周囲の人間がこちらを見て噂をしている。
皆が自分を食べようとしている。

短く綴られた日記には、彼が次第に発狂していく様が記してあった。

ご購入はこちらから

価格 :
103円
獲得ポイント :
1pt
  • チケット可
広告
アフィリエイト
(この本を紹介して収益を受け取る)