試聴する

「吾輩は猫である(3)」 - wisの朗読シリーズ(52)

[ この本のオーディオブック情報 ]

  • 著者

  • 価格

    514円
  • ナレーター

    wis
  • 再生時間

    2時間19分
  • 出版社

    響林社
  • 出版日

    2012/08/15
  • 配信日

    2012/09/21
  • 分割ファイル

    8個
  • ファイル容量

    127.7MB
  • 付属資料

    なし

作品紹介

猫のご主人、苦沙弥先生は日曜日の午後、硯と原稿用紙を前に何やら唸っている。
やがて、迷亭が案内も乞わずにあがってくる。
寒月君が物理学の演説があるので、その練習を一緒に聞くために呼んだのだという。
とそこへ女客がくる。
角屋敷の気位の高い金田夫人だ。
鼻がばかに目立つ。
二人は鼻子と呼ぶことにした。
鼻子は、娘のお相手として寒月君がどうかと思い、その人となりを探りにきたのだ。
鼻子は二人の失敬な応答ぶりに内心怒りながらも、一通り聞き出して帰っていった。
二人も鼻子の高慢ぶりには辟易だ。
そこへ寒月君が来る。
肝心の物理学の演説練習はどこかに飛んで、迷亭君が、「美学上の見地からする鼻の研究」なる演説をやり出した。

ご購入はこちらから

価格 :
514円
獲得ポイント :
5pt
  • チケット可
広告
アフィリエイト
(この本を紹介して収益を受け取る)