試聴する

『20年先を見据えて業態開発を続ける』(株式会社トップカルチャー)| 藤沢久美の社長Talk 

[ この本のオーディオブック情報 ]

作品紹介

27年前に大型複合店舗の可能性を予測しTSUTAYA
のフランチャイズとして、日本で初めて複合型「蔦屋書店」を開業。常に20年先を見据える経営哲学とその手法を聴いた。


1)鈍化する業種によって生まれた新たな業態
2)日本初の「蔦屋書店」を開業した理由
3)フランチャイズを利用し、全国で喜んでもらう?
4)決めるのはお客様。だから本屋で電子書籍も売る
5)20年先を考え、かつ、足下の利益も確実に
6)今から20年後を見据えての取組み
7)27年間、苦労なし
8)データ無しで、可能性を判断する
2013/9/3

ご購入はこちらから

価格 :
540円
獲得ポイント :
27pt
広告
アフィリエイト
(この本を紹介して収益を受け取る)