試聴する

ぼくらの祖国

[ この本のオーディオブック情報 ]

  • 著者

  • 価格

    1,728円
  • ナレーター

  • 再生時間

    7時間51分
  • 出版社

    扶桑社
  • 出版日

    2011/12/28
  • 配信日

    2014/02/11
  • 分割ファイル

    21個
  • ファイル容量

    432.1MB(通常版)/216.05MB(倍速版)
  • 付属資料

    なし
  • キャンペーン

作品紹介

◆ここだけでしか聞けない、著者・青山繁晴氏が肉声で語った約50分の特別メッセージ音源を収録!◆

Amazonレビューでも星4.7の圧倒的評価を得ている話題の作品が遂に登場!

エネルギー安全保障や外交・安全保障の専門家であり、
政府への提言や多くの著作で知られる青山繁晴氏の渾身の一作を、オーディオブックでお届けします。

あなた日本で「祖国」という言葉を聞いたことがありますか?

学校でも、身近な大人からも、これまで誰にも語られなかった「日本人が知っておくべき祖国のこと」を
大震災で大きな被害を受けた今だからこそ明らかにし、そして問い直します。
本作品を通して、今こそ私たちが暮らす祖国の姿を見つめ、その在り方と未来を深く考えてみませんか?


「祖国」という言葉を聞いて、あなたは何をイメージするでしょうか?

振り返ってみると「祖国」という言葉をほとんど聞いたことがない、という人も多いはずです。
それは、おそらく学校でも、周りの大人たちの会話の中でも、その言葉を聞いたことがなかったからでしょう。

実は、学校で祖国のことを教えない国は、世界中で日本ただ一つなのです。

なぜ日本の学校では祖国を教わらないのか、
なぜ日本の大人たちは祖国を語らないのか?

それは戦争に負けたからだ、という人もいます。
しかし、果たして私たちは、学校を出て、大学を出た後ですら祖国を知らないような状態で良いのでしょうか。

本書では、北朝鮮による拉致事件、
東日本大震災とそれによって引き起こされた福島原子力発電所事故、
隠された硫黄島の真実、そして先の大戦を通して浮かび上がってくる
「祖国」の姿を描き出します。

そして、どこにも報じられない日本の重要な「資源」の存在が明らかに――。

著者の青山繁晴氏は、内閣府原子力委員会・専門委員、
海上保安庁政策アドバイザー、近畿大学客員教授を務める、
エネルギー安全保障や外交・安全保障の専門家です。

その豊富な知識に加え、生の現場を見てきたからこそ著せる日本人の知らない「祖国」の姿が語られた本作品は、
この国とこの国の人々のために志を持って働く人々の姿を紹介し、様々な場面や立場で知っておくべき重要な事実を教え、
感嘆の声を挙げながら、深い感動に包まれることでしょう。

さらに、このオーディオブック版の巻末には、著者・青山繁晴氏が自ら語った約50分間の貴重な音声を収録しております。
FeBeでしか聴くことのできない、購入者のためだけに語った非常に貴重な音声です。
書籍で既に『ぼくらの祖国』をお読みになった方も、著者からの新たなメッセージを受け取ることができるでしょう。


震災で、原発事故で、そして日々のニュースや政治の話題に触れる中で、
「日本」というものの姿を改めて見直しはじめた日本人に贈る、渾身の一作。

あなたも本作品に触れて様々な事実を知ることで、日本の姿をもう一度見つめ直してみませんか?
あなたの愛する「日本」が、そこにはあるはずです。

目次

  1. 明けの星の章
  2. 平壌の日の丸の章
  3. 永遠の声の章
  4. 硫黄島の章
  5. 手にとる希望の章
  6. 海鳴りの終章
  7. オーディオブック特典 著者・青山繁晴からのメッセージ

ご購入はこちらから

価格 :
1,728円
獲得ポイント :
17pt
980円でおトクに買う

プレミアム会員にご登録いただくと、こちらの作品が980円でご購入いただけます。

≫詳しくはこちら
  • チケット可
  • 倍速版アリ
  • CDお届け
広告
アフィリエイト
(この本を紹介して収益を受け取る)

CDお届けサービス

ご注文番号

169080