試聴する

地獄変

[ この本のオーディオブック情報 ]

  • 著者

  • 価格

    1,080円
  • ナレーター

  • 再生時間

    2時間0分
  • 配信日

    2014/11/13
  • 分割ファイル

    20個
  • ファイル容量

    110.5MB(通常版)/55.25MB(倍速版)
  • 付属資料

    なし

作品紹介

芥川龍之介が古典を題材に描いた名作短編小説がオーディオブックで登場!
良秀は地獄絵図を描きあげることができるのか?

舞台は平安時代。絵仏師の良秀の腕前は都で評判を呼ぶほどでしたが、その一方で醜怪な容貌と偏屈な性格の持ち主でもありました。
しかし良秀には、親とは似もつかないかわいらしい容貌とやさしい性格の娘がいました。その娘は、堀川の大殿に見初められ、女御として屋敷に。
娘を溺愛していた良秀はこれに不満で、事あるごとに娘を返すよう大殿に言上していたため、彼の才能を買っていた大殿の心象を悪くしていきます。

そしてある日、良秀は大殿から「地獄変」の屏風絵を描くよう命じられます。
話を受け入れた良秀でしたが、「実際に見たものしか描けない」彼は、地獄絵図を描くために弟子を鎖で縛り上げ、梟につつかせるなど、狂人さながらの行動をとります。
こうして絵は8割がた出来上がったものの、最後の仕上げ……燃え上がる牛車の中で焼け死ぬ女房の姿をどうしても描けずにいました。
そこで良秀は、実際に車の中で女が焼け死ぬ光景を見たい、と大殿に訴えます。話を聞いた大殿は、その申し出を異様な笑みを浮かべつつ受け入れますが、
当日、都から離れた荒れ屋敷に呼び出された良秀が見た、車に閉じ込められている女はわが娘で……。

ご購入はこちらから

価格 :
1,080円
獲得ポイント :
54pt
  • 倍速版アリ
  • CDお届け
広告
アフィリエイト
(この本を紹介して収益を受け取る)

CDお届けサービス

ご注文番号

192857