試聴する

逆説の日本史〈1〉古代黎明編―封印された「倭」の謎

[ この本のオーディオブック情報 ]

  • 著者

  • 価格

    1,674円
  • ナレーター

  • 再生時間

    13時間30分
  • 出版社

    小学館
  • 出版日

    1997/12/01
  • 配信日

    2015/02/27
  • 分割ファイル

    49個
  • ファイル容量

    741.6MB(通常版)/370.8MB(倍速版)
  • 付属資料

    15ページ
  • キャンペーン

作品紹介

★巻末に、著者・井沢元彦氏によるミニ講義を収録!
『逆説の日本史』全体について語る、FeBeでしかお聴きいただけない貴重な音源です。★


シリーズ累計500万部突破の大ベストセラーが、遂にオーディオブックで登場!

人気歴史作家、井沢元彦氏が、教科書ではわからない日本史の空白部分に迫ります。
日本史の面白さを存分に味わえる本作品を通して、
今まで見えていなかった歴史の真実に迫り、日本人として改めて日本史の教養を高めませんか?

従来の歴史学会の三大欠落、「権威主義」「史料至上主義」「呪術観の無視」を指摘しながら、
歴史の謎を推理、解明していく、井沢元彦氏のライフワークともいえる大人気シリーズ第1巻が
遂にオーディオブックでじっくりとお聴きいただけるようになりました。

現在の歴史学は「史料の分析」を基本としています。
つまり極端なことを言えば、史料がなければそれに対応する事実もない、という事になるのです。

しかしながら、史料に記録されることは、常識ではない特殊な出来事ばかりで、
「あたり前のこと」が記録されていないとも考えることができます。
誰でも知っていることだから、記録に残す必要を誰も感じないのです。

その背後にある常識を復元することを試みると、また違った見方が生まれ、
「歴史」として揺るがない過去と捉えられていた出来事が、
ありありと目に見えるように、目の前にリアルに現れてくるのです。

このような見解を含めながら、人気歴史作家の井沢元彦氏が、
様々な切り口で歴史の新しい真実に迫ります。

今こそ現代人が知っておくべき歴史の真実を学び、楽しみながら心に刻むことができる本作品を通して、
改めて、日本史の教養を高めませんか?

多くの読者を魅了し、今なお連載され続けている大人気シリーズの第1巻。

面白くてどんどん先が気になるストーリーをお聴き聴くことで、
あなたは日本史の本当の面白さを実感することができるでしょう。

目次

  1. 序論 日本の歴史学の三大欠陥
  2. 第一章 古代日本列島人編―日本はどうして「倭」と呼ばれたのか
  3. 第二章 大国主命編―「わ」の精神で解く出雲神話の“真実”
  4. 第三章 卑弥呼編―女王殺害と紀元二四八年の重大事件
  5. 第四章 神功皇后編―邪馬台国東遷説を裏付ける宇佐神宮の拝礼作法
  6. 第五章 天皇陵と朝鮮半島編―日本人のルーツと天皇家の起源
  7. あとがき
  8. オーディオブック特典 著者・ 井沢元彦氏からのメッセージ

ご購入はこちらから

価格 :
1,674円
獲得ポイント :
16pt
980円でおトクに買う

プレミアム会員にご登録いただくと、こちらの作品が980円でご購入いただけます。

≫詳しくはこちら
広告
アフィリエイト
(この本を紹介して収益を受け取る)