試聴する

韓国人による恥韓論

[ この本のオーディオブック情報 ]

  • 著者

  • 価格

    1,296円
  • ナレーター

  • 再生時間

    6時間13分
  • 出版社

    扶桑社
  • 出版日

    2014/05/01
  • 配信日

    2016/01/15
  • 分割ファイル

    20個
  • ファイル容量

    342.3MB(通常版)/171.15MB(倍速版)
  • 付属資料

    なし

作品紹介

発売と同時にたちまち20万部を突破した話題作、
シンシアリー 著「韓国人による恥韓論」が、オーディオブックとなってFeBeに登場!

生粋の韓国人ながらも、日本と韓国の関係について冷静に分析を続け、執筆を続けてきた著者が
反日感情について、そして自国の正体について語った一冊です。
日本と韓国の関係について、メディアの報道では得られない新たな視点を得て考えを深めてみませんか?

生粋の韓国人であり、日本語で1日10万PVを超えるブログ執筆を続けているシンシアリ―氏。
彼が育った韓国では、とても強い反日思想が広まっています。

なぜ日本はここまで韓国に憎まれているのか。
日本に韓流ブームがきてもなお、日本を憎み続ける韓国に、
いつになったら友好的な関係を築けるのだろうか。
韓国はいつ、日本を受け入れるのだろうか。

そんなことを感じたことはありませんか?

本作品では、生粋の韓国人ながらも、
そういった韓国での反日感情がどのようにして生まれ、なぜそこまで広がっているのか、
同じ韓国人だからこそ見えてくる自国の反日感情を「反日教」という痛烈な皮肉を込めて批判。

祖国への誇りとは、日本との関係性とはどういうものなのかを韓国人の視点から語っています。

メディアの報道などだけでは見えてこなかった一人の韓国人の方の視点、
そして客観的に見た二国間の関係の真相が、シンシアリ―氏によって紐解かれていきます。

本作品を通じて日本と韓国の関係について新たな視点を得ることで、
互いの関係を近づけていくためにどうすべきなのかも見えてくることでしょう。

知らなかった事実を知ったうえで、各々の国が自国に誇りをもてるようになるために。
そんな懸け橋となる作品を、オーディオブックでお楽しみください。

目次

  1. はじめに―韓国人である私が「反日」にならず、ありのままの韓国を告げる理由
  2. 序章 韓国を絶対的に支配する「反日教」
  3. 第一章 韓国を狂わせた「反日」の起源
  4. 第二章 善悪を失った韓国の愚かな「基準」
  5. 第三章 韓国がひた隠す自国の性奴隷
  6. 第四章 だから「反日」は急激に悪化していく
  7. 第五章 荒唐無稽な選択・新「李承晩ライン」
  8. 第六章 見苦しい国・韓国の最大の弱点
  9. 終章 韓国人である私が知ってほしいこと

ご購入はこちらから

価格 :
1,296円
獲得ポイント :
12pt
980円でおトクに買う

プレミアム会員にご登録いただくと、こちらの作品が980円でご購入いただけます。

≫詳しくはこちら
  • チケット可
  • 倍速版アリ
  • CDお届け
広告
アフィリエイト
(この本を紹介して収益を受け取る)

CDお届けサービス

ご注文番号

231342