試聴する

「通貨」を知れば世界が読める

[ この本のオーディオブック情報 ]

  • 著者

  • 価格

    1,296円
  • ナレーター

  • 再生時間

    4時間53分
  • 出版社

    PHP研究所
  • 出版日

    2011/05/26
  • 配信日

    2017/02/01
  • 分割ファイル

    15個
  • ファイル容量

    269.1MB(通常版)/134.55MB(倍速版)
  • 付属資料

    なし
  • キャンペーン

作品紹介

20万部突破!浜矩子 著『「通貨」を知れば世界が読める』がオーディオブックとなって登場!
「超円高」「ユーロ危機」を予見したと各界で話題沸騰の作品がついにFeBeに登場です!

イギリスのEU離脱、そしてアメリカでのトランプ新大統領の誕生…
世界が目まぐるしく変化する中、多くの国がそれらの出来事に連動する「通貨」に踊らされ、
経済不安が広がっています。

そんな現実を予見していたと各界で話題となった作品が、オーディオブックとなって登場!

なぜ我々は「円高・円安」に一喜一憂しなくてはならないのか、
そもそも「通貨」とは何なのか、
そんな壮大なテーマを人気エコノミストがわかりやすく紹介します。

・そもそもの通貨の意味とは?
・基軸通貨を巡る各国の争いの歴史
・ドルの覇権はすでに終わっている!?
・ユーロの未来はいったいどうなるのか?
・「1ドル50円」時代はいつ来るのか?
・通貨の未来、そして円の未来とは?

日本の「円」についても、新たな認識を持つきっかけになることでしょう。

「通貨」のあり方、そして世界のこれからの動向を見通すための知識を増やす本作品は、
知的好奇心を満たすのはもちろん、明日のビジネスにも必ず役立つ内容です。

本作品で、「円高」「円安」という言葉に安易に踊らされない素養を身につけましょう。

目次

  1. はじめに――通貨を知ることは、世界経済を知るということ
  2. 第1章 我々はなぜ、通貨の動きに一喜一憂するのか?――「一ドル五〇円」に向かいつつある世界にて
  3. 第2章 基軸通貨を巡る国家の興亡――世界経済を支配するのもラクではない
  4. 第3章 通貨の「神々の黄昏」――「まさか」の連続が世界を震撼させた
  5. 第4章 これからのドル、ユーロ、そして円と日本――基軸通貨なき時代はどのように進んでいくのか?
  6. 終章 来るべき「二十一世紀的通貨」のあり方とは?

ご購入はこちらから

価格 :
1,296円
獲得ポイント :
12pt
980円でおトクに買う

プレミアム会員にご登録いただくと、こちらの作品が980円でご購入いただけます。

≫詳しくはこちら
  • チケット可
  • 倍速版アリ
  • CDお届け
広告
アフィリエイト
(この本を紹介して収益を受け取る)

CDお届けサービス

ご注文番号

235555