試聴する

職場の問題地図 ~「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方

[ この本のオーディオブック情報 ]

  • 著者

  • 価格

    1,598円
  • ナレーター

  • 再生時間

    3時間36分
  • 出版社

    技術評論社
  • 出版日

    2016/09/16
  • 配信日

    2017/06/01
  • 分割ファイル

    13個
  • ファイル容量

    198.2MB(通常版)/99.1MB(倍速版)
  • 付属資料

    11ページ

作品紹介

シリーズ累計10万部突破!複数の企業の業務改善プロジェクト等のアドバイザーを行い、
新入社員・中堅社員・管理職の育成も行う著者・沢渡あまね氏の話題作がオーディオブックになって登場です!
残業だらけで休めない社会人の皆さんに、成果が出る改善方法を紹介します。
あなたの職場の働き方を実際に変えるために、本書をご活用ください。

下記の10項目で思い当たることが1つでもあったら、本作品はきっとあなたとあなたの会社に役立ちます。

・定時で帰っているのは一部の部署だけ
・もっと仕事したいのに、無理やり帰らされてモチベーションダウン
・終わらない仕事が日に日にたまっていく
・仕事の品質が下がり、クレームの嵐
・やりかけの仕事が気になって、むしろストレスフル
・他人に構う余裕がなく、会話がなくなった
・「残業するな」と上司がうるさいので、かえったことにして家で仕事している
・定時退社日以外の日の残業が増えた
・残業はすべて管理職が肩代わり
・裁量労働制。お金にならない残業が増えただけ

あなたの会社、部署ではいくつ当てはまりますか?

近年では日本の労働時間の長さと生産性の低さが問題視されています。
そこで「ワークライフバランス」と唱え、定時退社日の設定、残業時間の制限、
有給休暇取得促進などの施策に力を入れ始めました。

しかし、力を入れ始めたにもかかわらず、上記に挙げたことで悩んでいる社会人がとても多いのです。
それはなぜなのでしょうか?

ワークライフバランスを実現するには、
「制度」「プロセス」「個人スキル」「場」の4つの観点で職場の問題点を洗い出し、
できるところからよくしていかなければなかなかうまくいきません。
しかし、多くの企業が「制度」や、「個人スキル」にしか目を向けられていないのです。

本作品ではこの問題がどうすれば解決するのか、どうしたら残業だらけの働き方を変えられるのかを、
著者が勤務してきた4つの会社や、実際に現場で見聞きしてきた30以上の日本の企業の「あるある」を元に分析します。

あなたの会社でも当てはまるものを探して、解決策を試してみてください。
本作品を通じて多くの解決策を学び、成果を出しつつ定時で帰る毎日を手に入れましょう。

目次

  1. はじめに なぜ、日本の職場の生産性はいつまでたっても低いままなのか?
  2. 1丁目 手戻りが多い
  3. 2丁目 上司・部下の意識がズレてる
  4. 3丁目 報連相できていない
  5. 4丁目 無駄な会議が多い
  6. 5丁目 仕事の所要時間を見積もれない
  7. 6丁目 属人化
  8. 7丁目 過剰サービス
  9. 8丁目 「何を」「どこまでやればいいのか」が曖昧
  10. 9丁目 仕事をしない人がいる
  11. 10丁目 だれが何をやっているのかわからない
  12. 11丁目 実態が上司や経営層に伝わっていない
  13. おわりに

ご購入はこちらから

価格 :
1,598円
獲得ポイント :
79pt
980円でおトクに買う

プレミアム会員にご登録いただくと、こちらの作品が980円でご購入いただけます。

≫詳しくはこちら
  • チケット可
  • 倍速版アリ
  • CDお届け
広告
アフィリエイト
(この本を紹介して収益を受け取る)

CDお届けサービス

ご注文番号

236123