試聴する

プロフェッショナルサラリーマン ― 「リストラ予備軍」から「最年少役員」に這い上がった男の仕事術

[ この本のオーディオブック情報 ]

  • 著者

  • 価格

    1,620円
  • ナレーター

  • 再生時間

    6時間5分
  • 出版社

    プレジデント社
  • 出版日

    2011/11/15
  • 配信日

    2017/07/25
  • 分割ファイル

    21個
  • ファイル容量

    334.4MB(通常版)/167.2MB(倍速版)
  • 付属資料

    4ページ

作品紹介

リストラ候補者から最年少役員となり、大きな成功を掴んだ著者が教える仕事術とは!?

今いる会社で、もしくは新たな職場で、自分の能力を発揮して日々楽しく働けるようになるキャリア戦略をお教えします。
今よりもさらにレベルアップしたいという全てのビジネスパーソンに、
自分の毎日を振り返りながら聞いてほしい一冊です。

「プロフェッショナルサラリーマン」とは、どういうサラリーマンのことでしょうか?

一言で言えば、会社を辞めずに、サラリーマンであることの特権を120%活かして、
自分の仕事にやりがいを持って働くビジネスパーソンのことです。

今は「自分のやりたい仕事をするためには起業するのがいちばん」だという風潮がありますが、
この厳しい社会情勢のなかで、起業して成功する人はほんの一握りです。

今いる会社で、あなたがまずプロフェッショナルサラリーマンになれば、
そのまま会社で働き続けることや、起業すること、
あるいは過去に前例のない束縛のない働き方をするなどの選択肢を手に入れることができるのです。

「プロフェッショナルサラリーマンになれるかどうかわからない」
「特に明確な目標はない」という人もご安心ください。
本作品で教えられていることを実行すれば、必ずまわりの景色が変わってきます。

働く中であなたが困ったとき、どちらに進めばいいかわからなくなったとき、壁にぶち当たったとき…
何度も繰り返し本書を聞いて、そのときに合った仕事術を探してみてください。

きっとあなたに問題を解決するヒントを教えてくれることでしょう。

目次

  1. はじめに 30歳のリストラ候補は、なぜ役員になれたか
  2. プロフェッショナルサラリーマン チェックリスト
  3. 第1章 プロの定義
  4.  01 プロは胸を張って請求書が出せる
  5.  02 プロは仕事を「つくって」「回して」「稼ぐ」
  6.  03 プロは仕事を4つに定義する
  7.  04 プロは上司を「仕事の仕入れ先」と思う
  8.  05 プロは配属に文句を言わない
  9.  06 プロはリストラに顔色ひとつ変えない
  10.  07 プロは花形部門の行列に並ばない
  11. 第2章 「時間」配分法
  12.  08 プロは仕事が9、私生活が1のつもりで働く
  13.  09 プロは「人脈」「資格」づくりを後まわしにする
  14.  10 プロは転職、起業、副業をこう考える
  15.  11 プロは「バタバタしている」姿を見せない
  16.  12 プロはスケジュールの空白を恐れない
  17.  13 プロは「至急」という言葉を乱発しない
  18.  14 プロは意味のない作業を自ら葬り去る
  19.  15 プロの仕事は直線ではなく「M字」を描く
  20.  16 プロはなぜか周囲の人に救われた経験を持つ
  21. 第3章 「金銭感覚」の磨き方
  22.  17 プロは毎月3万円の残業代を固定費としてカウントしない
  23.  18 プロは自ら「給与ダウン」を申し出る
  24.  19 プロは会社のカネで冒険しない
  25.  20 プロは実印に“くぼみ”がないことを知っている
  26.  21 プロはグループ会社の取引でも値切る
  27. 第4章 プロの「報・連・相」
  28.  22 プロは面接で「5つの地雷」を踏まない
  29.  23 プロはよい社風、悪い社風を見分ける
  30.  24 プロはメール・電話・対面を使い分ける
  31.  25 プロは「後工程はお客様」だと思う
  32.  26 プロは人に関わる分野を効率化しない
  33. 第5章 上司とくおつきあう
  34.  27 プロはダメ上司の「3つの特徴」を知っている
  35.  28 プロは「仕事の受け取り方」がうまい
  36.  29 プロは上司にとっての近所のコンビニであれ
  37.  30 プロは自分の「空きスペース」をつくれる
  38.  31 プロは仕事の目的と背景を確認する
  39.  32 プロは感情を揺さぶられたメールを「カンフル剤」にする
  40.  33 プロは上司からの指示メールを印刷する
  41.  34 プロの報告書は「事実」と「解釈」が分かれている
  42.  35 プロは「事後報告」を上手に使う
  43.  36 プロは抽象的な指示をされると喜ぶ
  44.  37 プロは辞表を懐にしのばせる
  45. 第6章 入社1年目に知っておきたいこと
  46.  38 プロとは、「くじ」を引き続けることのできる人である
  47.  39 プロは本を買うとき、棚の端から端まで買う
  48.  40 プロはマニュアルをバカにしない
  49.  41 プロは決定権がないことを悩まない
  50.  42 プロはレールからはみ出す
  51.  43 プロの仕事の報酬は仕事である
  52. 第7章 入社3年目から差がつく考え方
  53.  44 プロは出張に行く前に「報告書」を提出する
  54.  45 プロは会議の書記を自ら引き受ける
  55.  46 プロは自分がほめられるポイントを知っている
  56.  47 プロは自分より成果を出している人を手助けする
  57.  48 プロは社内キーワードを検索でトップに名前が出る
  58.  49 プロはできる人の「志」に着目する
  59.  50 プロは異業種の成功から発想できる
  60.  51 プロは自分の「シマ」とつくる
  61.  52 プロはライバル社の商品でも案内する
  62.  53 プロは「○○長」になる前からそれらしくふるまう
  63.  54 プロは自ら「安全地帯」から飛び出す
  64.  55 プロは群れることに不安を、孤独に安心を求める
  65.  56 プロは部下が絶対に上がれない城壁を築く
  66.  57 プロはキャリアの「レールチェンジ」を考える
  67. 第8章 給与の10%を銀行の封筒に詰めろ
  68.  58 プロは1カ月分の自己投資費用を銀行の封筒に詰める
  69.  59 プロは結婚して小遣い制になったことをのろけない
  70.  60 プロは転職情報誌の募集スペックに自分を合わせない
  71.  61 プロは財務諸表で経営者と対話できる
  72.  62 プロはケタ違いのアウトプットを出す
  73.  63 プロは3000円のセミナーに10回行くなら3万円に1回行く
  74. 第9章 「空き地」をみつけてみよう
  75.  64 プロはまず、「空き地」をみつてる
  76.  65 プロは「売れるもの」と「売るべきもの」を見分ける
  77.  66 プロには顧客より先に「並んでほしい人」がいる
  78.  67 プロは客単価を上げるとっておきの方法を知っている
  79.  68 プロは顧客の不安を解消する言葉を持っている
  80.  69 プロは商品可能性を勝手に狭めない
  81.  70 プロは将来の顧客をとりこにする
  82.  71 プロは鬼にも仏にもなれる
  83.  72 プロは社内の「流行語」を生み出す
  84.  73 プロはアマゾンが通販ビジネスに参入した理由を考える
  85.  74 プロは繁盛店が電話を保留するわけが想像できる
  86. おわり 二十代は朝飯前
  87. ★参考文献リスト
  88. ★プロフェッショナルサラリーマンを目指す人に読んでほしい本リスト
  89. 謝辞

ご購入はこちらから

価格 :
1,620円
獲得ポイント :
81pt
980円でおトクに買う

プレミアム会員にご登録いただくと、こちらの作品が980円でご購入いただけます。

≫詳しくはこちら
  • チケット可
  • 倍速版アリ
  • CDお届け
広告
アフィリエイト
(この本を紹介して収益を受け取る)

CDお届けサービス

ご注文番号

236428