試聴する

東芝解体―週刊東洋経済eビジネス新書No.203

[ この本のオーディオブック情報 ]

  • 著者

  • 価格

    648円
  • ナレーター

  • 再生時間

    1時間41分
  • 出版社

    東洋経済新報社
  • 配信日

    2017/08/03
  • 分割ファイル

    9個
  • ファイル容量

    92.6MB(通常版)/46.3MB(倍速版)
  • 付属資料

    1ページ

作品紹介

原子力事業の巨額損失で経営は暗転。原発ビジネスから撤退も時間の問題か?。原子力分野の米子会社(ウェスチングハウス)によるストーン&ウェブスター(S&W)買収の重要な争点を読み解きながら、名門企業、東芝に残された選択を探る。

目次

  1. 沈没する19万人企業 名門、底なしの危機
  2. 原発事業で巨額の損失 「ゼロ円買収」が招いた絶体絶命
  3. 東芝OBが語る「問題の本質」 原子力部門が優遇されすぎた
  4. メディカル売却も水の泡 帳消しになったリストラ
  5. 生え抜きのトップ候補ゼロ 舵取り不在の漂流船
  6. 【解体シナリオ①】絶好調の半導体を放出
  7. 日本首位の東芝も劣勢 「札束合戦」の半導体業界
  8. 【解体シナリオ②】優良資産をすべて売る
  9. 【解体シナリオ③】原発ビジネスから撤退

ご購入はこちらから

価格 :
648円
獲得ポイント :
32pt
  • チケット可
  • 倍速版アリ
  • CDお届け
広告
アフィリエイト
(この本を紹介して収益を受け取る)

CDお届けサービス

ご注文番号

236525