試聴する

預金封鎖

[ この本のオーディオブック情報 ]

  • 著者

  • 価格

    1,620円
  • ナレーター

  • 再生時間

    6時間26分
  • 出版社

    きこ書房
  • 出版日

    2015/10/10
  • 配信日

    2017/09/04
  • 分割ファイル

    17個
  • ファイル容量

    354.2MB(通常版)/177.1MB(倍速版)
  • 付属資料

    2ページ

作品紹介

預金封鎖の歴史から私たちは何を学ぶべきなのか?
日本人が知っておくべき最悪のシナリオを描いた石角完爾著の『預金封鎖』がオーディオブック化。
NHKでも特集された「預金封鎖」という事態を徹底解説した一冊。
日本の財政危機状況を知り、今後に備えて何をすべきかを考えるきっかけとなることでしょう。

日本の国家負債レベルは、経済循環サイクルの中で解決されるレベルではなくなってしまっています。
その結果、国は国民の財産を奪う手段に出るのです。

その手段の一つに、国民の預貯金および証券投資口座を没収するという方法があります。
このような手段は過去に日本でも、もちろん世界でも実行されています。
理論上起こりうるというだけでなく、実際に行われる可能性がある国の政策なのです。

本書では、その歴史を踏まえ、予想される預金封鎖に至るまでの過程や、
最悪のシナリオを乗り切るための方法が紹介されています。

現代の経済システムの被害を最小限にとどめるための方策を提示する本署は、
個人ができる対策を考えるうえで大いに役に立つことでしょう。

預貯金や株式口座を国に奪われる、という未来が来る可能性を考え、
今のうちから、それを避けるための術を学びましょう。

目次

  1. はじめに 日本人が知っておくべき、最悪のシナリオ
  2. 第I部 浮かれた人々
  3.  第1章 国が国民の命と財産を奪うとき
  4.  第2章 日本で起こる前代未聞の5つの出来事
  5.  第3章 国債のデフォルト(債務不履行)は、どの国でも起こりうる
  6. 第II部 宙刷り状態
  7.  第4章 刷られすぎたドル
  8.  第5章 インフレバスターとしての「金」
  9. 第III部 苦しみの後
  10.  第6章 クラッシュはいつ、どのように訪れるのか
  11.  第7章 ファイナル・クラッシュ
  12.  第8章 各国の預金封鎖

ご購入はこちらから

価格 :
1,620円
獲得ポイント :
81pt
980円でおトクに買う

プレミアム会員にご登録いただくと、こちらの作品が980円でご購入いただけます。

≫詳しくはこちら
  • チケット可
  • 倍速版アリ
  • CDお届け
広告
アフィリエイト
(この本を紹介して収益を受け取る)

CDお届けサービス

ご注文番号

236704