試聴する

稼ぐ力

[ この本のオーディオブック情報 ]

  • 著者

  • 価格

    1,512円
  • ナレーター

  • 再生時間

    7時間37分
  • 出版社

    小学館
  • 出版日

    2015/02/06
  • 配信日

    2018/02/05
  • 分割ファイル

    20個
  • ファイル容量

    418.5MB(通常版)/209.25MB(倍速版)
  • 付属資料

    3ページ

作品紹介

あなたは自分に“値札”をつけられますか?
世界的経営コンサルタント・大前研一が、組織の中でも個人として「稼ぐ力」を身につけるサバイバル仕事術を教えます。

大企業が赤字転落し、リストラを余儀なくされ、組織の中での地位を確保するのが難しくなった今、
一人一人のビジネスパーソンはどのようなスキルを身につければ生き残れるのか?
就活生も、新入社員も、中高年社員も必読の一冊を音声でお聴きください。


「上司や先輩の真似をしていても業績は上がらない。彼らとは違う能力とスキルが必要なのだ。
いかに“自立"して稼げるか?それが今、問われている」

本書の中で、大前研一氏はこう語っています。

パナソニックやソニー、シャープといった日本を代表する大企業までが赤字転落、
次々と大規模なリストラを余儀なくされています。

成果主義や裁量労働が広がり、グローバル化やIT・ロボット化が進む今、
従来までの仕事では利益が出なくなり、「仕事がなくなる」時代へと移り変わりつつあります。

そんな中で、ビジネスマン一人一人の“稼ぐ力”がシビアに問われています。

日本企業は今、何に苦しんでいるのか?
現在の低迷から脱却するために必要な人材とは何か?
そして、ビジネスマンが今こそ身につけるべき能力やスキル、仕事観とは……。

著者の大前研一氏が、マッキンゼー時代から今に至るまで指導してきた人材育成の要諦や採用基準、
仕事力の鍛え方などを織り交ぜながら、厳しい雇用劇変時代を生き抜くための考え方と働き方を指南します。

目次

  1. 文庫版まえがき スマホ世代に「年功」は通用しない
  2. まえがき 一人一人の「稼ぐ力」が問われている
  3. 第1章〈現状認識Part1〉日本企業は今、何に苦しんでいるのか
  4. 第2章〈現状認識Part2〉これからの日本企業に必要な人材とは
  5. 第3章〈新しい働き方研究〉世代別「稼ぐ力」をどう鍛えるか
  6. 第4章〈企業経営分析〉産業“突然死”に備えるケース・スタディ
  7. 第5章〈人材教育〉求む!日本と日本企業を強くする新世代人
  8. あとがき この国をダメにした「偏差値」を廃止せよ
  9. [特別英語講座]大前流プラクティカル・イングリッシュ習得法

ご購入はこちらから

価格 :
1,512円
獲得ポイント :
15pt
980円でおトクに買う

プレミアム会員にご登録いただくと、こちらの作品が980円でご購入いただけます。

≫詳しくはこちら
  • チケット可
  • 倍速版アリ
  • CDお届け
広告
アフィリエイト
(この本を紹介して収益を受け取る)

CDお届けサービス

ご注文番号

238187