週刊宮本武蔵
試聴する

週刊宮本武蔵

[ この定期配信番組の情報 ]

  • 配信日

    金 06時00分更新
  • 月額

    540円
  • 時間

    約35分/回
  • PDF配信

    なし
  • 制作元

    株式会社オトバンク
  • 過去の放送

    過去4週間分まで取得可能

内容紹介

注意事項

・登録された翌月より、月額料金が発生いたします。
・以前ご登録いただいたことのある方で、前月以前に退会されて今月再度ご登録いただく方は、初月無料キャンペーンは適応されず、月額料金が発生いたします。
・コンテンツを取得されたかどうかに関係なく、登録された日に、初回の課金がされる事となります。(例えば、1月31日に登録された方も、1月の利用料が発生致します。)
 また、毎月1日のAM0:00の時点で登録をされている方に対しても、該当月の月額費用が発生します。また、継続課金ですので、購読停止をされない場合、自動で継続される事となります。
・退会後、同月内であれば再登録時に別途費用はかかりません。
・本番組はポッドキャストの仕組みを利用しておりますので、RSSフィードをiTunesに登録する事で、音声ファイルを自動で取得する事が可能です。
 その場合、Apple社のiTunesが必要ですので、ダウンロード(無料)をお願いします。
 ⇒iTunesダウンロードページに行く(Apple社のサイトに移動します)

今登録すると、下記の4エピソードを聴くことができます

配信日 タイトル 説明 種類
2017/09/22 第134回 忠明発狂始末 お杉婆を人質に取り、小次郎がやってくるのを道場で待っていた小野派の門下たち。やがて、小次郎が門内へ入って来るのを、小野派の一人である浜田荷十郎が目撃した。それを聞いた門人たちは、今に道場の玄関へ声がかかるかと待ち構えていたが、小次郎が訪れる気配はない。何か様子がおかしいと思い始め... 音声(MP3)
2017/09/15 第133回 さかいち坂 夕刻、お杉婆の引っ越し先を尋ねに来た二十七、八の若い男があった。半瓦の使いからこの話を聞いたお杉婆は、もしや又八では……と、しばらくの間、その事で頭が一杯になっていた。その晩、裏口で何やら物音がしたので、婆は灯りを持って様子を見に行く。そこには手紙のようなものが置いてあり、開いて... 音声(MP3)
2017/09/08 第132回 槐の門 ある朝、又八が目を覚ますと、朱美の姿がなくなっていた。外へ出て、うちの朱美を知らないかと訊き歩いていたところ、彼女を見かけたらしい炭屋のおかみが又八を呼び止めた。聞けば、朱美は綺麗にめかし込んで、品川の親類のところへ向かったという。又八はなんとなく忌々しく思い、追いかける程の強い... 音声(MP3)
2017/09/01 第131回 四賢一橙 会わせたい人物がいると聞き、北条新蔵の邸に招かれた武蔵。邸内に到着すると、新蔵の父・安房守氏勝(うじかつ)に出迎えられた。氏勝の話によると、武蔵に会いたがっている人物を二人招いているという。一人が宗彭沢庵であることはうすうす勘づくことが出来たが、もう一人が何者であるかは思い当たり... 音声(MP3)

ご購入はこちらから

月額 :
540円
獲得ポイント :
27pt
広告
アフィリエイト
(この本を紹介して収益を受け取る)