週刊宮本武蔵
試聴する

週刊宮本武蔵

[ この定期配信番組の情報 ]

  • 配信日

    金 06時00分更新
  • 月額

    540円
  • 時間

    約35分/回
  • PDF配信

    なし
  • 制作元

    株式会社オトバンク
  • 過去の放送

    過去4週間分まで取得可能

内容紹介

注意事項

・登録された翌月より、月額料金が発生いたします。
・以前ご登録いただいたことのある方で、前月以前に退会されて今月再度ご登録いただく方は、初月無料キャンペーンは適応されず、月額料金が発生いたします。
・コンテンツを取得されたかどうかに関係なく、登録された日に、初回の課金がされる事となります。(例えば、1月31日に登録された方も、1月の利用料が発生致します。)
 また、毎月1日のAM0:00の時点で登録をされている方に対しても、該当月の月額費用が発生します。また、継続課金ですので、購読停止をされない場合、自動で継続される事となります。
・退会後、同月内であれば再登録時に別途費用はかかりません。
・本番組はポッドキャストの仕組みを利用しておりますので、RSSフィードをiTunesに登録する事で、音声ファイルを自動で取得する事が可能です。
 その場合、Apple社のiTunesが必要ですので、ダウンロード(無料)をお願いします。
 ⇒iTunesダウンロードページに行く(Apple社のサイトに移動します)

今登録すると、下記の4エピソードを聴くことができます

配信日 タイトル 説明 種類
2017/11/17 第142回 夢土 紅葉山のあたりで、数人の大工から脱兎のように逃げ回る一人の井戸掘り人足。しかし、結局すぐに追い詰められ、ふくろ叩きにあってしまう。その井戸掘りの正体は又八であった。やがて職方目付が駆けつけ、又八を連れていくと、彼をそのまま薪小屋の中へと放り込む。その小屋で、何の調べもないまま幾日... 音声(MP3)
2017/11/10 第141回 大事 病か、老化によるものか、何をするにも手探りであった青木丹左衛門は、誰に頼まれるわけでもなく、沢庵の前でおもむろに尺八を吹き始めた。それを聞いた沢庵は、丹佐の心の内を汲み取っていく。その音色には、宮本武蔵と、息子・城太郎に対する懺悔の気持ちが込められていた。 音声(MP3)
2017/11/03 第140回 兄弟弟子 秋の強い日差しの下、城太郎は大手を振りながら一人歩いていた。その後ろから、何やら妙な少年がつけて来る。不審に思った城太郎は一度叢へ隠れた後、すくっと少年の前に現れ、「小僧」と呼びかけた。その少年とは、武蔵の弟子・三沢伊織の事であった。 音声(MP3)
2017/10/27 第139回 下り荷駄 平等坊(びょうどうぼう)の宝蔵破りをした罪人として、武蔵は役人の群れに捕まっていってしまった。権之助は、泣くじゃくる伊織をなだめ、その体を背におぶって歩き出す。夕べ、床几を借りて寝た犬茶屋の前を通りかかると、背中の伊織が、さっき山で見た女の人がいる、とつぶやく。その女とは、憎悪に... 音声(MP3)

ご購入はこちらから

月額 :
540円
獲得ポイント :
5pt
広告
アフィリエイト
(この本を紹介して収益を受け取る)