試聴する

起業のファイナンス ベンチャーにとって一番大切なこと

[ この本のオーディオブック情報 ]

  • 著者

  • 価格

    2,376円
  • ナレーター

  • 再生時間

    8時間59分
  • 出版社

    日本実業出版社
  • 出版日

    2010/09/30
  • 配信日

    2011/06/01
  • 分割ファイル

    24個
  • ファイル容量

    494.4MB(通常版)/247.2MB(倍速版)
  • 付属資料

    37ページ

作品紹介

日本は、実は起業する上で非常にハードルの低い国だった!今をときめくベンチャー企業に関わってきた、人気ブログ著者による起業するうえでの姿勢まで学べる超実践的ベンチャー起業論です。ベンチャー企業にとって生命線となる資金調達などをはじめとした、ファイナンス関係の実務を網羅しています。


人気ブログ「isologue」の磯崎哲也氏、初の単著本!

日本は本当に「起業家に冷たい国」か?
いいえ違います。
「日本は、起業にチャレンジする人や事業に失敗した人に冷たい国だ」
「日本では、ベンチャー企業に資金が供給されない」
など多くの方が、こんな話を耳にしたことがあると思います。
しかし、それは大きな誤解です。
確かに日本のベンチャー投資ぼGDP比が他の世界各国と比較して非常に小さいのは事実ですが、資金が流れない構造になっているわけではありません。
重要なのはその資金が流れてきた時にコントロールする、ベンチャーキャピタルやエンジェルなどの投資家やベンチャ―実務の専門家です。
本オーディオブックでは、その構造やそれがどのように運用すればうまく機能するかを分かりやすく解説致します。

また本オーディオブックでしか聴けない磯崎哲也氏の生コメントも付属しておりますので、是非聴いてみてください。

目次

  1. 序章 なぜ今「ベンチャー」なのか?
  2. 第1章 ベンチャーファイナンスの全体像
  3. 第2章 会社の始め方
  4. 第3章 事業計画の作り方
  5. 第4章 企業価値とは何か
  6. 第5章 ストックオプションを活用する
  7. 第6章 資本政策の作り方
  8. 第7章 投資契約と投資家との交渉
  9. 第8章 種類株式のすすめ
  10. おわりに

ご購入はこちらから

価格 :
2,376円
獲得ポイント :
23pt
980円でおトクに買う

プレミアム会員にご登録いただくと、こちらの作品が980円でご購入いただけます。

≫詳しくはこちら
  • チケット可
  • 倍速版アリ
  • CDお届け
広告
アフィリエイト
(この本を紹介して収益を受け取る)

CDお届けサービス

ご注文番号

88572