よくある質問 − オーディオブックのご利用について

ご利用の流れについて

ダウンロードして、MP3プレイヤーで聴くまでの流れを教えてください。

【パソコンでダウンロードしてからプレイヤーに転送する場合】
1. オーディオブックを購入します
 オーディオブックの購入方法については、こちらをご覧ください。

2. 購入したオーディオブックをパソコンにダウンロードします。
 ご購入いただいたオーディオブックは、すべて「本棚」に入ります。本棚から、お聴きになりたいオーディオブックをまとめてダウンロードすることができます。本棚からオーディオブックをダウンロードする具体的な手順についてはこちらをご覧ください。

3. パソコンにダウンロードしたファイルを、MP3プレイヤーに転送します
 パソコンにダウンロードし保存された音声ファイルを、iTunesやx-アプリ(またはSonicStage)などのソフトを使って、MP3プレイヤーに転送します。具体的な手順は、MP3プレイヤーによって異なります。
 ・iPhoneやiPad、iPodをお使いの方はこちらをご覧ください。
 ・WALKMAN(Sony製品)をお使いの方はこちらをご覧ください。
 ・携帯電話でお聴きになりたい方はこちらをご覧ください。
 ・その他のMP3プレイヤーをお使いの方はこちらをご覧ください。

【スマートフォン等に直接ダウンロードする場合】
1. オーディオブックを購入します
 オーディオブックの購入方法については、こちらをご覧ください。

2. お使いのスマートフォンにアプリ「FeBe」をインストールします
 iOS端末をご利用の方はAppStoreより、Android端末をご利用の方はGooglePlayより、「FeBe」をインストールします。

3. FeBeアカウントを設定します
 「FeBe」を起動すると、ログインを求められますので、FeBeアカウントのメールアドレスととパスワードを設定します。

4. 購入したオーディオブックをスマートフォン等にダウンロードします
 本棚でダウンロードしたい作品を選択すると、その作品の音声ファイルのリストが表示されます。
 表示された音声ファイルのリストを一つずつタップすることで、その音声ファイルがあなたの端末内にダウンロードされます。
 表示された音声ファイルのリストすべてを一度にダウンロードしたい場合は、画面右上の雲のアイコンをタップしてください。上から順にダウンロードが始まります。

ダウンロードの方法について

購入したオーディオブックは、どこからダウンロードすればいいのですか?

動画でご覧頂くにはこちら

お客様にご購入いただいたオーディオブックは、すべて「本棚」に入ります。
本棚とは、ご購入いただいたオーディオブック・ご登録いただいた定期配信番組が一覧表示されているページで、ご購入いただいたオーディオブックや定期配信番組をここでまとめてダウンロードすることができます。
FeBeでご購入いただいたオーディオブックを聴く際は、まずこの本棚のページをご覧ください。

本棚のページはこちらからご確認ください。

パソコンにダウンロードするためには、具体的にどのようにすればいいのですか?

動画でご覧頂くにはこちら

1.ログイン後、 本棚のページからダウンロードページを開きます。
 お客様にご購入いただいたオーディオブックは、すべて「本棚」 に入ります。
 本棚のページで、ダウンロードしたいオーディオブックの右の「ダウンロードする」のボタンをクリックします。

2.ダウンロードページで、ダウンロードする音声ファイルを選びます。
 ダウンロードページでは、いくつかの種類の中からダウンロードする音声ファイルをお選びいただけます。
 
 ・通常再生版か倍速再生版を選ぶことができます。(倍速再生版がないものもございます。倍速再生版についてはこちらをご覧ください。)
 
 ・高音質版(128kbps)と軽量版(64kbps)を選ぶことができます。
 
3.「全体版をダウンロード」または「分割版をダウンロード」をクリックすると、ダウンロードが開始されます。
 全体版は、最初から最後まで一つのファイルに入っています。
 分割版は、章ごとに細かくファイルが分かれています。途中から聴いたり少しずつ聴いたりしたい場合は、分割版をお選びください。
 
4.「●●を開く」という画面が出てきましたら、「ファイルを保存する」を選び、わかりやすい場所にファイルを保存してください。

処理が終わりましたら、ダウンロードは完了です。

ダウンロードしたファイルが、見つかりません

・Internet Explorer をお使いの方は、MicroSoft公式ページをご確認下さい。
※ダウンロード時の保存場所を任意に変更する事も可能です。

・Chromeをお使いの方は、Google公式ページをご確認下さい。
※ダウンロード時の保存場所を任意に変更する事も可能です。

・FireFoxをお使いの方は、Mozilla公式ページをご確認下さい。
※ダウンロード時の保存場所を任意に変更する事も可能です。

音源再生に必要な環境や再生機器を教えてください。

FeBeのオーディオブックは全てMP3というファイル形式になっておりますので、MP3ファイルが利用可能なソフトウェアや再生機器をご利用ください。
パソコン、携帯電話、WALKMANやiPodでは再生が可能でございます。
その他のプレイヤーの再生可能性に関しましては、お持ちのプレイヤーの取扱説明書の方をご覧ください。

iPhoneやiPad、Android搭載スマートフォン等に直接オーディオブックをダウンロードする事ができますか?

iPhoneやAndroid搭載スマートフォンでは、アプリ「FeBe」をご利用いただくことで、直接FeBeからのオーディオブックのダウンロードが可能となっています。
下記の手順で「FeBe」をインストールした上で、オーディオブックをダウンロードいただけますと幸いです。

1. オーディオブックを購入します
 オーディオブックの購入方法については、こちらをご覧ください。

2. お使いのスマートフォンにアプリ「FeBe」をインストールします
 iOS端末をご利用の方はAppStoreより、Android端末をご利用の方はGooglePlayより、アプリ「FeBe」をインストールします。

 「FeBe」を起動すると、ログインを求められますので、FeBeアカウントのメールアドレスととパスワードを設定します。

4. 購入したオーディオブックをスマートフォン等にダウンロードします
 本棚でダウンロードしたい作品を選択すると、その作品の音声ファイルのリストが表示されます。
 表示された音声ファイルのリストを一つずつタップすることで、その音声ファイルがあなたの端末内にダウンロードされます。
 表示された音声ファイルのリストすべてを一度にダウンロードしたい場合は、画面右上の雲のアイコンをタップしてください。上から順にダウンロードが始まります。

携帯電話でダウンロードする事はできますか?

FeBeで配信している音声ファイルはすべてMP3形式です。

ご利用の携帯電話がMP3形式に対応しているかどうかを、まずご確認ください。
対応していない場合、携帯電話でFeBeのオーディオブックをご利用いただけない可能性がございます。

また、音声ファイルを直接携帯電話にダウンロードすることはできません。
携帯電話でオーディオブックをお聴きになりたい場合は、音声ファイルをパソコンにダウンロードし、
その後、SDカードなどを利用して、パソコンから携帯電話に音声ファイルを転送してご利用ください。

パソコンから携帯電話へのファイル転送方法は、携帯電話のキャリアやメーカーによって異なります。
詳しくは「携帯電話に転送する方法は?」をご覧ください。

同じものを複数回ダウンロードするとその度に料金がかかるのですか?

最初の一回のみ課金され、その後は本棚より、何度でも無料でダウンロードする事ができます。なお、通常版をご購入された方がその倍速版をダウンロードする場合も、再度課金されることはございませんので、ご安心ください。

海外からダウンロードする事はできますか?

海外からもダウンロード可能です。実際に海外でFeBeをご利用のお客様もいらっしゃいます。ただし、回線の状況により、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。

MP3プレイヤーへの転送方法について

iPod、iPhone、iPod Touchに転送する方法は?

動画でご覧頂くにはこちら

1.iTunesを開き、オー ディオブックファイルをiTunesに取り込みます。

まず、オーディオブックが保存されているフォルダを開きます。
(分割版をZip形式で一括ダ ウンロードした場合は、解凍します。WindowsXPをご利用の方 は右クリックして「すべて展開」をクリックします。Windows Vistaをご利用の方はダブルクリックして「すべて展開」をクリックします。展開 ウィザードが出たら、「次へ」 をクリックして解凍してください。)

ファイルを開いたら、転送したいファイルをすべて選択して、iTunesにドラッグ&ドロップ(右クリックしたままマウスを移動させiTunes上で離すこと)します。ドラッグ&ドロップの方法は「ドラッグ&ドロップ」の方法がわかりません。」をご覧ください。

2.iPod、iPhone、または iPad をパソコンに接続し、同期します。

iTunes の [デバイス] で iPod、iPhone、または iPad を選択し、「ミュージック」を選択します。そして、転送したいファイルやプレイリストを選択します。
[適用] をクリックすると、転送が始まります。

「同期が完了しました」と表示されたら転送は完了です。iPod、iPhone、iPadの接続を解除して、オーディオブックが転送されているか確認してください。

iPod、iPhone、iPod Touchに転送する説明画像

Walkman(Sony製品)に転送する方法は?

動画でご覧頂くにはこちら

1.x-アプリ(またはSonicStage)を開き、オーディオブックファイルを取り込みます。
まず、オーディオブックが保存されているフォルダを開きます。
(分割版をZip形式で一括ダウンロードした場合は、解凍します。WindowsXPをご利用の方は右クリックして「すべて展開」をクリックします。Windows Vistaをご利用の方はダブルクリックして「すべて展開」をクリックします。展開ウィザードが出たら、「次へ」 をクリックして解凍してください。)
 ファイルを開いたら、転送したいファイルをすべて選択して、x-アプリ(またはSonicStage)にドラッグ&ドロップ(右クリックしたままマウスを移動させ、x-アプリ(またはSonicStage)の上で離すこと)します。ドラッグ&ドロップの方法は「「ドラッグ&ドロップ」の方法がわかりません。」をご覧ください。
 
2.WALKMANをパソコンに接続し、転送します。
音声ファイルがx-アプリ(またはSonicStage)に入りましたら、WALKMANをパソコンにつなぎます。
その後、ウィンドウ左下にある「機器へ転送」をクリックすると、右側にWALKMANに保存されているファイルの一覧が出てきます。図のような画面になりましたら、転送したい音声ファイルを全て選び、真ん中の「→」ボタンをクリックします。すると、転送が始まります。

右側のファイル一覧に転送したファイルが表示されましたら、転送は完了です。WALKMANの接続を解除して、オーディオブックが転送されているか確認してください。

WALKMANに転送する説明画像1
WALKMANに転送する説明画像2

携帯電話に転送する方法は?

FeBeで配信している音声ファイルはすべてMP3形式です。
初めに、ご利用の携帯電話がMP3ファイル形式に対応しているか、お手持ちの携帯電話の取扱説明書をご確認ください。

また、音声ファイルを直接携帯電話にダウンロードすることはできません。
携帯電話でオーディオブックをお聴きになりたい場合は、音声ファイルをパソコンにダウンロードし、その後、SDカードなどを利用して、パソコンから携帯電話に音声ファイルを転送してご利用ください。

MP3ファイルを再生する方法はキャリア(KDDI、docomo、ソフトバンク等)やメーカー(東芝、京セラ等)によって異なるため、恐れ入りますが、お手持ちの携帯電話の取扱説明書をご確認いただきますようお願いいたします。

なお、パソコンからSDカードを利用して転送される場合、SDカードにダウンロードできたかどうかのご確認は、SDカードのフォルダにお聞きになりたい音源のデータが入っているか否かでご確認が可能でございます。携帯電話がMP3に対応しており、かつSDカードへのダウンロードが正常に行われていれば、携帯電話にSDカードを差していただくことでご利用が可能かと思われます。

転送方法がわからない場合はお手持ちの携帯電話のメーカーにお問い合わせください。
(FeBe運営事務局にお問い合わせいただいてもご対応いたしますが、お客様がお持ちの携帯電話によって転送方法が全く異なりますので、再度メーカーへの問い合わせが必要になる場合がございます。あらかじめご了承ください)

その他のMP3プレイヤーに転送する方法は?

その他のMP3プレイヤーをお使いの方は、
恐れ入りますが取扱説明書をお読みいただくか、各メーカーにお問い合わせいただきますようお願いいたします。

オーディオCDを作成する方法について

オーディオCD(音楽CD)と、データCDはどのような違いがあるのですか?

オーディオCD(オーディオCD)は、いわゆる市販のCDと同じ形式で、通常のCDプレイヤーで再生が可能です。ただし、基本的には 74分までしか書き込むことができません。

データCDは、通常のオーディオCDと異なり、時間に制限がなく(容量による制限はあり)、長い時間が書き込み可能ですが、通常のCDプレイヤーでの再生はできず、パソコン等でしか聴くことができません。

ご利用のプレイヤーやオーディオブックの長さに応じてお選びください。

iTunesを使って、オーディオCDを作成する(CDへコピーする)方法は?

1.iTunesを開き、オーディオCDを作成したいファイルをiTunesに取り込みます。
 まず、オーディオブックが保存されているフォルダを開きます。
(分割版をZip形式で一括ダウンロードした場合は、解凍します。WindowsXPをご利用の方は右クリックして「すべて展開」をクリック します。Windows Vistaをご利用の方はダブルクリックして「すべて展開」をクリックします。展開ウィザードが出たら、「次へ」 をクリックして解凍してください。)
 ファイルを開いたら、オーディオCDを作成するファイルをすべて選択して、iTunesにドラッグ&ドロップ(右クリックしたままマウスを移動させiTunes上で離すこと)します。ドラッグ&ドロップの方法は「「ドラッグ&ドロップ」の方法がわかりません。」をご覧ください。
 
2.CDを挿入して、オーディオブックをオーディオCDとして作成します。
 CD に書き込みたいオーディオブックを含むプレイリストを選択するか、そのようなプレイリストを作成し、収録したいオーディオブックファイルの横にチェックマークが付いていることを確認します。
 空のディスクをセットし、「ファイル」 メニュー→「プレイリストからディスクを作成」と選択します。
「ディスクフォーマット」を選択し、「ディスクを作成」をクリックするとCDへの書き込みが始まります。

 ※書き込みには数分時間がかかることがあります。
 ※プレイリストに含まれているオーディオブックの容量が CD の容量を越えている場合は、1 枚のディスクに収まる数のファイルだけが書き込まれた後、残りのファイルを書き込むために新しいディスクをセットするよう求められます。新しいディスクをセットして続行してください。
 
 書き込みが完了しましたら、お使いのプレイヤーでCDを再生して、オーディオブックが聴けることを確認してください。

iTunesに転送する説明画像
iTunesのCD作成説明画像

Windows Media Playerを使って、オーディオCDを作成する(CDへコピーする)方法は?

1.Windows Media Playerを開き、オーディオCDを作成したいファイルをWindows Media Playerに取り込みます。
手順はiTunesの場合と同じですので、こちらをご参考にして下さい。

2.CDを挿入して、オーディオブックをオーディオCDとして作成します。

空の CD-R ディスクを CD 書き込み用ドライブに挿入します。
※[自動再生] ダイアログ ボックスが表示された場合は、ダイアログを閉じます。
※コンピューターに CD ドライブが複数ある場合は、使用するドライブをナビゲーション ウィンドウでクリックします。

書き込みリストを作成するには、Player ライブラリの中央のウィンドウ からリスト ウィンドウ領域 (Player ライブラリの右側のウィンドウ) に、項目をドラッグします。

書き込みリスト内の曲の順序を変更する場合は、リスト内で曲を上または下にドラッグします。
書き込みリストから曲を削除する場合は、曲を右クリックし、[リストから削除] をクリックします。

リストの作成を終えたら、[書き込みの開始] をクリックします。
ディスクの書き込みは、完了するまで数分かかる場合があります。
1枚のオーディオCDの容量よりも多くの曲が書き込みリストにある場合は、残りの項目を2枚目の空のCDに書き込むことができます。

書き込みが完了しましたら、お使いのプレイヤーでCDを再生して、オーディオブックが聴けることを確認してください。

Windows Media PlayerのCD作成説明画像

X-アプリを使って、オーディオCDを作成する(CDへコピーする)方法は?

1. X-アプリ(SonicStage)を開き、オーディオCDを作成したいファイルを取り込みます。
手順はiTunesの場合と同じです(iTunesを使う方法はこちらから)

2.CDを挿入して、オーディオブックをCDに焼きます。
空のCD-RをCDドライブに挿入して、ウィンドウの左下にある「音楽CDの作成」をクリックします。すると、CD-Rドライブのウィンドウが出てきます。図のような画面になりましたら、転送したい音声ファイルを全て選び、真ん中の「→」ボタンをクリックします。その後、左下にある「作成開始」ボタンをクリックすると、CDへの書き込みが始まります。

書き込みが完了しましたら、お使いのプレイヤーでCDを再生して、オーディオブックが聴けることを確認してください。

トラブルが起きた場合

ダウンロードがどうしてもできません。

ダウンロードがどうしてもできない場合、以下のいずれかの原因であることが考えられますので、
ダウンロードの際に「○○を開く」といったダイアログボックス(ウィンドウ)が出てくるかどうかご確認いただいて、
以下の手順を一つずつお試しいただけますと幸いです。

①「○○を開く」といったダイアログボックス(ウィンドウ)が出てこない場合

セキュリティソフトの設定により、ポップアップブロックされてしまう場合がございます。
画面上部に
・「ポップアップがブロックされました。このポップアップまたは…」
・「セキュリティ保護のため、このサイトによる、このコンピューターへ…」
などが書かれた枠が出ていないかご確認ください。
出てきた場合は、 そこをクリックして出てくる中から「ファイルのダウンロード」をクリックしてください。

このようなポップアップが出ない場合には、FeBeのサイトが混雑していることにより、ダウンロードの開始に時間がかかっている可能性がございます。20時~午前2時頃までの間はアクセス集中が起こることがございますので、その際に長時間のオーディオブック音声ファイルをダウンロードされる場合、処理に時間がかかることがございます。ポップアップが出ず、ダウンロードのダイアログボックス(ウィンドウ)がなかなか出てこないという場合には、誠に恐れ入りますが、しばらくそのままお待ちいただけますと幸いです。また、しばらく待ってもダイアログボックスが出てこない場合には、別の時間帯に再度お試しいただけますと幸いです。


②「○○を開く」といったダイアログボックス(ウィンドウ)が出てきて、「開く」または「保存」するをクリックしたのにダウンロードが進まない場合

ダウンロードが進まない場合には、ダイアログボックスで表示されている容量が増えているかどうかをご確認ください。容量が増えている場合、しばらくお待ちいただくとダウンロードが完了する可能性があります。

しばらく待ってもダウンロードが先に進まない場合には、お客様のパソコンに搭載されているセキュリティソフトの影響でファイルのダウンロードができなくなっている可能性があります。
McAfee、ウィルスバスター等のセキュリティソフトをパソコンにインストールされている場合や、インターネットサービスプロバイダの提供するセキュリティサービスをご利用中の場合は、FeBeでのダウンロード時に一時的にセキュリティソフトの設定を変更し、セキュリティソフトを無効にしてから、再度ダウンロードをお試しいただけますと幸いです。

以上の方法を試しても状況が改善しない場合は、
お手数ですがFeBeのお問い合わせページにてご連絡ください。
その際、ダウンロードができずに止まってしまう、動かないといったトラブルが起きた際に表示される画面のキャプチャ画像を一緒にお送りいただけますと幸いです。また、その際に画面上に表示されるエラーメッセージ等がございましたら、あわせてご連絡いただけますと幸いです。

「Microsoft Internet Extensionエラーが発生しました」というエラーが出て、ダウンロードできません。

ウィルスバスター2011のバグである可能性が高いです。
トレンドマイクロ社に修正プログラムを用意して頂きましたので、こちらをご覧頂けますと幸いです。

Google Chromeを利用しているのですが、ダウンロードする事ができません。

ウィルスバスター2011のバグである可能性が高いです。
トレンドマイクロ社に修正プログラムを用意して頂きましたので、こちらをご覧頂けますと幸いです。

Windows Media Playerでエラーが発生して再生する事ができません・・・

Windows Media Playerで音源を再生しようとしたときに、Windows Media Playerの古いバージョンですと、
「ファイルを再生できません。プレーヤーがそのファイルの種類をサポートしていないか、そのファイルの圧縮に使用したコーデックをサポートしていない可能性があります」というエラーメッセージが表示され、再生が開始されません。

その場合、Windows Media Playerを最新のものにする事で、解決する事が可能です。

1.Windows Media Playerを立ち上げます。
2.上部にある、「ヘルプ」タブをクリックすると、「プレイヤーの更新の確認」が出てきますので、そちらをクリックします。

3.クリックすると、「Windows Media Playerの更新」というウィンドウがでてくるので「次へ」をクリックします。

4.更新プログラムのインストールが始まります。
インストールする際、「Windows Media Player、及び他のプログラムを閉じて下さい。」というメッセージが出ている場合、
他のウィンドウを閉じて、「次へ」をクリックします。

5.「インストールの完了」というメッセージ出ましたら、更新完了です。
更新する前に、パソコンの再起動が必要ですので、「今すぐ再起動」をクリックして、再起動して下さい。

6.これで、再起動しましたら、Windows Media Playerは最新の状態になりますので、これでオーディオブックを聴く事ができるはずです。

Windows Media Playerの更新説明画像1
Windows Media Playerの更新説明画像2
Windows Media Playerの更新説明画像3
Windows Media Playerの更新説明画像4

iTunesでエラーが起きて再生できません・・・

ITunesでエラーが起きて再生できない場合は、エラーメッセージをご確認の上、次の方法をお試しください。

1.「元のファイルが見つからなかったため、○○は使用できませんでした」というエラーが出る場合

保存した場所にオーディオブックのファイルがない(移動された、削除された)可能性があります。
マイドキュメントやデスクトップなど、オーディオブックを保存する場所を決めておき、そこから動かしたり削除したりしないようにしてください。動かしてしまっている場合は、ファイルを元の場所に戻すことで再生できるようになることがあります。

ファイルの保存場所がわからない場合は、再度FeBeを訪問し、ログイン後の「本棚」のページから再度ダウンロードしてください。
※再ダウンロードは無料です。

2.そのほかのエラーメッセージが出ている場合
音声ファイルが壊れている可能性がございます。再度FeBeを訪問し、ログイン後の「本棚」のページから再度ダウンロードしてください。
※再ダウンロードは無料です。

iTunesのエラー説明画像

iTunes上で分割版の順番がばらばらになってしまいます。

次の2つの方法をお試しください。
1.自動で並べ替える
iTunesのミュージックの画面で、「名前」「時間」「作者」など、音楽の情報が書かれている
部分をクリックすると、名前順、再生時間が長い順(短い順)、作者順などで、分割版ファイルを並べ替えることができます。タイトルなどに順番に数字が入っている場合、順番通りに並べ替えることが可能です。

2.ファイルの名称を変更する
ファイルの名称はご自分で変更していただくことができます。タイトルを消して章の数字だけにするなど、手動でタイトルを変更することで、順番にお聴きいただけるように調整することができます。(タイトルは、一度左クリックし、少し間をあけてもう一度左クリックすると、編集することができるようになります。)

iTunesの分割版の順番の説明画像

iTunesで、オーディオブックに入れたいのにミュージックに入ってしまうのだけど・・・

iTunesに音声ファイルを入れると、自動的にミュージックに入るようになっています。
ファイルをオーディオブックに入れるためには、次の手順で設定を行ってください。

1.オーディオブックをすべて選択し、右クリックして「プロパティ」を選びます。
2.「オプション」タブをクリックします。
3.「メディアの種類」が「ミュージック」になっていますので、「オーディオブック」に変更します。

以上の操作を行っていただきますと、音声ファイルが「オーディオブック(ブック)」のところに入ります。

※ミュージックからオーディオブックに変更していただきますと、速度を変えることができるようになり、より便利にオーディオブックをご利用いただけます(iPod Shuffle以外のApple製品で使える機能です)。

iTunesのオーディオブックへの変換説明画像

一旦止めてまた後で聴くと、最初に戻ってしまうので不便です・・・

「再生位置を記憶する」という設定に変更することによって、前回再生をやめた位置から聴くことができるようになります。
設定変更の手順は次の通りです。

1.オーディオブックをすべて選択し、右クリックして「プロパティ」を選びます。
2.「オプション」タブをクリックします。
3.「再生位置を記憶」で「はい」を選び、「OK」をクリックします。

以上の操作を行っていただきますと、前回止めたところから再開することができます。
(iTunes以外のソフトウェアをご使用の場合は、このような機能をお使いいただくことができませんのでご了承ください。)

iTunesのオーディオブックへの変換説明画像

XアプリでWALKMANに音源を転送しようとすると、一部のファイルだけ転送できず抜けてしまいます。

転送の際に使用するXアプリの仕様によるもので、MP3ファイルを取り込む際に自動的に割り振られる識別IDの関係で、異なるファイルが同じファイルであると認識されてしまい、転送できないファイルが出てきてしまうようです。

解決方法としまして、Xアプリを介さずに、ドラッグ&ドロップで音声ファイルをPCからWALKMANにすると、転送が正常通り行えると思われます。
解決方法を下記に記載いたしますので、ご確認いただけますと幸いです。

【操作手順】

1. 付属のUSBケーブルでウォークマンとパソコンを接続します。

2. Windows の[コンピューター]を選択し、[WALKMAN]-[MUSIC]を選択してください。

3. 曲や曲の入ったフォルダーを[MUSIC]フォルダーにドラッグ&ドロップで転送します。

※x-アプリに取り込んだ楽曲の保存先は楽曲の上で右クリックしプロパティを選択していただきプロパティ画面の[ファイル情報]-[場所]で確認できます。

※ドラッグ&ドロップが可能なウォークマンの場合お試しください。

■ドラッグアンドドロップで楽曲を転送できるウォークマンは何ですか?
http://qa.support.sony.jp/solution/S1211069005750/

以上の手順にて、ドラッグ&ドロップでの音源の転送をお試しいただけますと幸いです。

ダウンロードに失敗してしまったのですが、再ダウンロードできますか?

FeBeでは、一度ご購入されたコンテンツは何度でも無料で再ダウンロードすることができますので、
ダウンロードに失敗された場合は、「本棚」のページから、再ダウンロードをお試しください。

ダウンロードしたものの、保存場所が分からなくなりました・・・

FeBeでは、一度ご購入されたコンテンツは何度でも無料で再ダウンロードすることができますので、
保存場所がわからなくなった場合は、「本棚」のページから、再ダウンロードをお試しください。
また、FeBeのオーディオブックを毎回保存する場所をあらかじめ決めて、ダウンロードしていただくことをお勧めいたします。

解凍時にエラーが出ます。どうしたら解凍できますか?

ダウンロード中にネットワークが切断されるなどして、うまくダウンロードできていない可能性があります。
その場合は、「本棚」のページから再ダウンロードしてください。
FeBeでは、一度ご購入されたコンテンツは何度でも無料で再ダウンロードすることができます。

音源のダウンロードや解凍がうまくいかず、再生して数秒で音源が終わってしまうことがあり困っています。(カスペルスキー2012をご利用の方へ)

ウィルス対策ソフト「Kaspersky(カスペルスキー)」の2012年版をお使いいただいている場合、音源の解凍ができない、あるいは再生開始後数秒で音源が終了してしまう不具合が発生する可能性があります。
対処法としては、「Kaspersky(カスペルスキー)」の2012年版をアンインストールし、2013年版をインストールすることで、解消されることが確認されました。

お手数ですが、2012年版をお使いいただいている方は、下記の手順に沿って操作をしていただきまして、2012年版のアンインストールと、2013年版のインストールを行っていただけますと幸いです。

■ カスペルスキー インターネット セキュリティ 2013のインストール手順 ■

※はじめに※
・アクティベーションコードを準備してください。

 【参考:カスペルスキー インターネット セキュリティ のアクティベーションコードとは】
 http://support.kaspersky.co.jp/kis2013/activation?qid=208293013

・「セキュリティの警告」画面が表示された場合は、[実行する] を
 クリックしてください。

【1】 カスペルスキー インターネット セキュリティ 2013のダウンロード

 (1) 下記のURLをクリックし、ページを開きます。
   http://www.kaspersky.co.jp/internet-security-latest-versions

 (2) Version 2013 (13.0.1.4190) の右側にある [Download] をクリック
   します。

 (3) 「ファイルのダウンロード」画面が表示されましたら [保存] を
   選択します。

 (4) [名前を付けて保存] 画面上部の [保存する場所] をデスクトップに
   指定し、ファイル名を変更せずに [保存] をクリックします。

 (5) 保存が終了しましたら、「ダウンロードの完了」画面の [閉じる] を
   クリックし、画面を閉じます。

 (6) デスクトップ上に kis13.0.1.4190ja-jp.exe という名称のアイコンが
   作成されます。
   *Windowsの設定により、拡張子 (.exe) が表示されていない場合が
    あります。

【2】 カスペルスキー インターネット セキュリティ 2012のアンインストール

 (1) [スタート] をクリックし、下記の順に選択します。
   [すべてのプログラム]→[カスペルスキー インターネット セキュリティ 2012]→
   [カスペルスキー インターネット セキュリティ 2012の削除]

 (2) 「カスペルスキー インターネット セキュリティ 2012ウィザードへようこそ」
   画面が表示されますので、[進む] をクリックします。

 (3) 「データの保存」画面にて、「データを保存する」のチェックを
   オンにします。

 (4) 「ライセンスを保存する」のみチェックをオンにし、[進む] を
   クリックします。

 (5) 「アンインストールの準備完了」画面が表示されますので、
   [削除] をクリックします。

 (6) アンインストールが完了しましたら、再起動を促すメッセージが
   表示されますので、[はい] をクリックします。
   *自動的にコンピュータの再起動が行われます。

【3】 カスペルスキー インターネット セキュリティ 2013のインストール

 (1) 手順【1】にて、ダウンロードを行った kis13.0.1.4190ja-jp.exe を
   ダブルクリックします。
   *「セキュリティの警告」画面が表示された場合は、[実行する] を
    クリックしてください。

 (2) 下記画面が表示されましたら、[インストール] をクリックします。
   ようこそ カスペルスキー インターネット セキュリティ 2013へ
   *「本製品のインストール中です」と表示されますので、そのまま
    お待ちください。

 (3) 「本製品のインストールが完了しました」画面が表示されましたら、
   [終了] をクリックします。

「Kaspersky(カスペルスキー)」社の製品をご利用いただいている方で、上記の手順をお試しいただいても状況が改善されない、という方がいらっしゃいましたら、弊社お問い合わせ窓口までご連絡いただけますと幸いです。